スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE B 第41話「ユウとヒバチ」&外伝「飛鈴中とたまにの休日」
前略、尻から血が出た(挨拶)。

4日ほど家庭の事情でゴタゴタしてから走り出したら、開始5分で眠気がヤバい。まぁもう10分もしたら体がスイッチ入って楽になるんだけど。のっけからこんな日は大概調子が出ません、途中で引き返す事になりました。尻から血が出てたけど。

さて、ゲッサンとガンガンが出てました。ええと、WaltzのドラマCDキャストは…

・蝉 :櫻井孝宏
・岩西:諏訪部順一
・首折り男(大藪と苺原の兼ね役?):中村悠一
・安藤:浪川大輔
・潤也:森久保祥太郎

…なんというベテラン面子の安定感。そして年齢層高ぇ!いや、確かにそれなりに歳行ってる人の方がそれっぽくなりそうな気はしますけど。某所で言われてたけど、安藤兄弟がP4の主役コンビだ!
前に僕が動画で妄想したのとひとつも合わなかったなぁ。まぁ僕は実物が違和感なければ何も文句はないんですが。


●BAMBOO BLADE B 第41話「ユウとヒバチ」&外伝「飛鈴中とたまにの休日」

今回はバトル回です。
仁南中三年 松野妃蜂。ヒバチさん、今更だけどスゴイ名前だ。DQNネームかどうかは微妙だけど、親はどんな想いで名付けたんだろう。
ヒバチさんは前年度個人戦ベスト4。周囲からも一目置かれる実力者です。しかし、今回からいきなり持ち上げられ始めるのは敗北フラグな訳でありまして…

古流殺人剣・光陰流。その技はさながら戦場の剣法か、技術の冴えよりも気迫で威圧する事を優先します。先日読んだ「死ぬことと見つけたり」でも似たような事ありましたね。最強なのは死を意識した野獣の戦法に他ならず、己を殺し相手を殺す事。
しかし、それを乗り越える者があり。殺意を上回る情熱を持って、ヒバチらが学ぶ事叶わなかった「活人剣」の境地に入ったユウ。相変わらずの力押し戦法ではありますが、ほんの一日の体験でここまで体得に繋がるとは、やはり天才か…

そんな訳で苦戦するかと思いきや、まさかの圧勝で大城戸ユウ 2回戦進出。おそらくこの勢いで次は奥園ヒメにリベンジか。

高みへと飛翔する者がいる一方、もちろんアホなのもいる訳で。
サリの相手はドラマを背負った…フリをした変な一団。まぁ、小細工に頼ると言う事はそれだけ正攻法に自信がないという訳で。
そして例の封印中の佐藤。人の生き死にを茶化すアホもいるのが世の中ですが、実際に背負っちゃう人もいるもんでして。重苦しい題材だけに軽く扱うヤツを入れて中和したのね。そんな佐藤の微妙な表情で次回へ続く。次は男子編か、ヒメ戦かな?



単行本発売記念らしいですよ、謎の外伝。
今回清杉ないから、その分をココに突っ込んだ感が強いですね。無性に女の子が描きたい病にでも罹患したんでしょうか。
BBBには明確なツッコミ担当がいませんが、もし清村的存在がいたなら「コマでけぇよ!!」みたいな事言っただろうなぁ。

前々から言ってる気がするけどユウのグラビアアイドル化が著しいなぁ。
なんかもう殺人剣のあたりもそうだけど、ハルポリッシュとの習合が進行してるよね。
[2012/04/13 21:11 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
BAMBOO BLADE B 第40話「殺人剣と活人剣」

めぐみたんの画集とWaltz最終巻+ドラマCDが5月発売かー、グラスホッパーは持ってるけどマリアビートルはまだ読んでないのでコレを機に買って読んでみようか。
そういえば、最近伊坂先生が新作出したんだっけ?評判とか見てみようかな―。


●BAMBOO BLADE B 第40話「殺人剣と活人剣」

夏の個人戦を前に、調整修練の1日。
敵の焦点はさんざん煽られている、佐藤将蔵門下生4人。辻村はレンジ、小関はジン、そしてヒバチはユウと当たるだけあってその源流を知る笹森のじいちゃんが付け焼刃ながら3人に殺人剣の稽古を付けます。

ところで久々にレンジケンちゃんが揃って出ていた訳ですが、いつだかあまりにも顔がそっくりだなぁと思っていたのですが、差異を明確に付けたためかケンちゃんの方が髪がやたら短く顔つきがえらくアホになっています。うわ、もう全然違うなぁ。描き分けが出来たというより、一方的にケンちゃんがマヌケ面になっただけのような…

そしてもう一方の視点は佐藤将太郎。
彼が手を抜いている理由について語られました。ってかこの一族「将」着きすぎ。
九州からTV出演のためやって来た将子姉ちゃん――ってか末野さんだコレー!なんで苗字が違うのかは謎ですが、現高校女子日本一の彼女の弟、と言う箔が付く事で一気に彼の剣才に説得力を与えました。サプライズも兼ねて、なんと自然な表現か。ここらへん土塚先生の技量には毎度感服しています。

さて、彼の封印理由は「妹の快癒祈願」と言う事は、今回はまだ封印したまま?
辻村や小関の次にレンジらと激突する次ボスキャラ扱いなんでしょうか。

それよりまずは目先の相手を倒す事、殺人剣稽古っていうか要するに実戦形式の乱打戦です。強烈な鍛錬を経て、謎の覚醒を促す夜が過ぎ、何だかよくわからない何かを手に入れてしまったユウ。
だんだんこのマンガもハルポリッシュと習合して来た様な気が。まさか、剣の声を聞き始めたりするんじゃなかろうな。

一回戦の相手は、松野ヒバチ。
ユウは何を得たのか?古剣を使うヒバチさんの実力とは?色々気になる次回に続く。
[2012/03/19 22:28 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
BAMBOO BLADE B 第39話「テルキと剣道」
寒い、寒すぎる。
なぜこんなにも寒いと動きたくなくなるんだろう。冬眠したい。


『スカイブルー』終わっちゃいました。
なんだかフツーな最終回だったので、MAD制作とかムリですねコリャ。
つくづく『女王騎士物語』が異常だったのか分かる結果になっちゃいましたね。あれからもう4年なのか…


●BAMBOO BLADE B 第39話「テルキと剣道」
続きを読む
[2012/02/19 17:26 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
BAMBOO BLADE B 第38話「ジンと県下最強の男」

今日ゼロクロ更新ってマジすか。

実は恒例の感想文自体は結構前に書いてあったのですが、なんか色々あったらすっかりブログに上げるのが遅くなってしまいました。
※特に仕事に関して、ちょっと大きな事が起きました。
これでも前は発売日には感想上げてたんだぜ?今じゃ見る陰もないけど。


ところで、「スカイブルー」が次回最終回ってマジすか。

あんなに誌面でプッシュされてたのに?どう見ても今月から主人公復活で盛り返す展開だったのに?
というか、天晴が紅玉にブッ倒されてからの脱線が長すぎたのが敗因なんでしょうか。
嗚呼、この人は少年漫画がホントに好きで好きで「俺だったらこうしてやる!」な想いを込めて描いてるなぁと伝わってくる感じが凄く良いと思ってたのですが。

もし「女王騎士物語」並の最終回だったらまたMAD作るぞ僕。


●BAMBOO BLADE B 第38話「ジンと県下最強の男」
続きを読む
[2012/01/26 20:49 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
BAMBOO BLADE B 第37話「男と女の涙」

●BAMBOO BLADE B 第37話「男と女の涙」

今回の主役は佐々木部長です。

佐々木大河、本番に弱い男。
扱いが悪いだけで実力がない訳じゃない。明らかなギャグキャラポジションではありますが、それを維持するのか脱却するのかが今回の見所です。

ターニングポイントとなったのはユウに敗れた時。思えばあの時は角派と竹中派で分裂とかしてたんだよなぁ、とか思い出したりした訳ですが、まぁそれはさておき。
理屈なんかどうでもいい、ただ自分のために泣いている女がいる!男が目覚めるには、その事実があれば十分です。

己の不甲斐なさを直視し、佐々木大河(物理的にも)ついに復活!
なんかえらい男前になっていますが、細かい事は気にするな。おめーらのどこが中学生だ!


マンガらしく、美しく鮮やかに逆転勝利を収める大河。
彼を奮い立てたユウの涙も、今や嬉し涙に変わっていました。

なんか今回に限ってはユウちゃんがヒロインっぽいぞ。普段はあんなにヒーローしてるのに。

さて次の相手は因縁の天応中。辻村へのリベンジなるか!?が注目どころですが…
笹森老人によると、古剣士の佐藤老人には辻村含め6人の弟子がいたようです。全員が間違いなく圧倒的な実力者ではあるのですが、どうももっと凄いのがいるようで?
[2011/12/25 06:51 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。