スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
潤也プロデュース 今週の「魔王」
スーパー疲労タイム。

なんか今週は風邪をこじらせてか疲れが取れません。
今さっきまで寝てました。短時間だけどガッツリ寝て、シャワー浴びてお茶淹れたらちょっと回復したので、久々に記事書きしようと思います。 ダージリンうまー

以下、今週の「魔王」感想です。

潤也のターン!

突如、寺原Jr.とそのフレンズの居場所に現れた潤也。
その悠々とした態度から、既に何らかの策を実行済みと思われますが…

蝉、参上!
ハイ、やっぱり来ました殺し屋・蝉。
なんとも鮮やか、猫のような身のこなしでバッサバッサと切り結ぶ。うっひょぉ、カッケー。
仕事中なのにどーでもいいことを喋るのは相変わらずです。みんみんうるさいからこそ、蝉。

潤也は魔王モード(勝手に命名)フィーバー中。
それにしてもこの潤也、ノリノリである。
うわぁ、悪ぅい顔。 なんかこの場を支配し切ったおぞましい感じにデジャヴあると思ったら、第1章の英会話教室炎上での安藤兄とそっくりなんですね。兄弟ともども魔王の素質は十分にあったんだなぁ。

と、ここでネタばらし。
大方の予想通り、ボウリング場の客はみんな劇団でした。
孝次郎かわいいよ孝次郎。

0514a.jpg

何回も言うけど、こんなに可愛い子が女の子の訳ないじゃないか。
死体を足蹴にしてるんるんしてる様子は物語的にも演出的にもムダでしかないんだけど、かわいすぎるので問題なし!

さて、完全に寺原ジュニアを追い詰めた潤也ですが、このあとどうするのかな。
今思ったけど、詩織ほかを現場に呼び寄せた意味ってジュニアに対する嫌がらせ以外に意味無かったよね。無意味にサドい演出を入れてどうすんだ潤也。

このノリだと潤也自ら殺しかねない勢いだけど、さすがにそれはないか。
なんだかんだで現場から逃げ出すジュニア → 横断歩道か駅のホームで押し屋参上 の原作パターンに入ると予想。

寺原社長の方も原作どおり蜂が刺しに行って欲しいなぁ。
スポンサーサイト
[2009/05/14 01:08 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<BAMBOO BLADE B 第5話「ヒゲとメガネと」 | ホーム | 新作MAD>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。