スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
今週の「少年サンデー」
ちょっと読むのが遅れてしまいましたが、今週のサンデーは色々凄かったです。
主に狂気的な意味で。

・神のみぞ知るセカイ
なぜだ… 桂馬が普通にいい男に見える…
そしてヤクルトおばさん最強説(withアラレちゃん帽子)。 雪枝さんは特殊能力とか技能とかなしで、あのノリの良さだけで人心を掴んでると予想。

・魔王
嗚呼、この世にまともな人間はいないのか

犬養被弾。まぁ、原作で刺されて生きてた話の再現だと思うので死ぬことはないと思います。
さて、現場の混乱をよそに余裕綽々の潤也。なんか今回だけ読むとコイツが黒幕みたいに見える人いるんじゃないかってくらいの堂々っぷり。

台詞から察するに、彼は既に何かしらの手を打ってあるようですが、はてさて。狙撃手を惑わせた地震も潤也の仕業だったりするのでしょうか。 事前に9箇所から狙撃現場を「能力」で推定→金で雇った誰かに爆弾等でビルを揺らす とか?

もう一方の”人狩り”ですが、なんというステキ笑顔ズ。お前らみんな余すところなく死にやがれ。
やっぱり潤也が先を読んで、何か罠を仕掛けていないと面白くないですよね。殺し屋を雇って返り討ちだといいなぁ。 蝉と槿だけじゃ数が足りないので、「劇団」の皆さん(具体的には、すみれさんと健太郎・孝次郎)が付いていると予想。

・MIXIM11
なんか知らんが「男塾」の直進を思い出した。 途中で電柱に登ったり、ヤクザの事務所に突撃したり、先生の一戸建てを破壊したりするんだよね。

・金剛番長

も う ツ ッ コ ミ が 追 い つ か な い 。

とりあえず、海原番長に敗れたであろう県の番長たちに合掌。
千葉県じゃない事を祈るw

・トラウマスイタ

こ れ は ヤ バ イ 。

個人的に今のサンデーで最注目のマンガです。
正直、打ち切りは回避できないと思いますが、ダヴィンチが出て来てからの緊張感がクライマックス。一部の遊びもない展開で、毎週「えええええぇーっ!!」と思える面白さがたまりません。
今週までの流れを軽く説明すると、

何の前フリもなく、「最強の敵」ダヴィンチが唐突に登場(この時点で打ち切り決定が囁かれる)。

主人公ピカソを圧倒したダヴィンチ、ヒロインのスジャータさんに7日後に爆発する爆弾を仕掛け、「今度会うまでに強くなりたまえ」って感じで逃がす。

ピカソ、修行して新しい仲間も増えて、新武器を入手する(ここまでは、本当にここまでは少年漫画によくある展開である)

6日目、「もう待ちきれない」とか言う理由でいきなりダヴィンチ再登場(オイオイ)。
問答無用でスジャータさん爆死(エエェーッ!)。

ヒロインを殺され、怒り心頭のピカソ。
新武器を構えてダヴィンチに挑むが、手も足も出ず敗北(修行+彼女の仇+大激怒が揃ってるのにまったく勝てない、という力量差が新鮮。ダヴィンチ最強すぎる…)。

何とか生き残ったが絶望したピカソ、白昼堂々敵(普段は普通に会社経営してる)本社ビルに突撃、テロリストと化す。たぶん一般人をも屍の山に加えてる ← 今ココ。

今回ラストの見開きを使ったピカソの狂い切った目つきがもうゾクゾクしてたまりません。
完全にダークサイドに目覚めちゃってるよコレ!
しかしテロったからと言ってダヴィンチをどうにか出来るとも思えないしなぁ、これからどう話にオチをつけるんだろう。
このダヴィンチの最強っぷりは「B壱」の回転王を思い出させますね。もうどうやっても倒せそうもない
絶望感が凄まじいです。


スポンサーサイト
[2009/04/17 03:28 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<BAMBOO BLADE 第90話「沢宮エリナと新マネージャー」 | ホーム | じょうずにできました?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。