スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE B 第3話「大城戸ユウと飛鈴中剣道部」
いつの間にやら今日は12日。
オイオイもう月の半分近く終わってるよ、ってな訳でガンガンが出ていたのでさくさく感想に参りたいと思います。

●BAMBOO BLADE B 第3話「大城戸ユウと飛鈴中剣道部」

ぬぅ、キャラが多すぎてとても覚え切れん。
前回のまったり展開から一転、急激に部活漫画になって来ました。 まだ主人公が入部すらしてないんだけどね。

部室にて、一見普通っぽい小さな娘「チィ」と、一見不良っぽいガサツな娘「ムーちゃん」。
見た目に相反して、常に「チィ」が主導権を握っており、「ムー」は振り回される哀れな娘のようです。

なんだろう、この二人どこかで見たような気が… うん、とりあえずムーちゃんは絶対屋上から落ちても無事に帰って来れるよね。


「対決ですよ」

簡単にあらすじ:竹中先生と角先生は、顧問の座を賭けて勝負する事になりました。
それぞれの派閥に属する部員は…

・竹中派
佐々木部長(老け顔)
菊川(メール)
谷崎(ファッション誌)
レンジ(第1話のカラーにいた少年、色黒の方)
中倉(第1話のカラーにいた少年、色白の方)

・角派
宮本部長(小柄女子)
説明男子
目が死んでる男子(←結局どっちがテルキなんだろう…?)
川上先輩(前回”小澤先輩”だった気がするんだけど…)

・中立
緒乃小野""夢
""山"小路"

人数の一人足りない角派に助っ人が入る事は確実ですが… さて、入るのは主人公たるユウか、それとも…

先生同士の勝手な約束に発端する戦い、一人足りない(たぶん)主人公チーム。
誰しも思い浮かべるのは本編BBの「町戸高校戦」のシチュエーションでしょう。
しかし、この「BBB」は本編では描けない事を描くために始まったストーリー。一体土塚先生はあの時に何を描きたかったのか?
そして、川添タマキというジョーカーの存在しないこの世界で、剣道の勝負をどう魅せるのか?

意外とムダのない展開で、早々に舞台が整ってしまいました。
本編がやや停滞中のせいか、読み応えを感じるなぁ。
スポンサーサイト
[2009/03/12 22:41 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
<<マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第6話「命の樹と死の樹」 | ホーム | お知らせ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。