スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
黒執事 第20話「その執事、脱走」 第21話「その執事、雇傭」
さて、需要ないシリーズ最高峰「黒執事」感想です。
この記事、もうマジ自己満足だけでやってます。

●黒執事 第20話「その執事、脱走」

shitsuji20.jpg

正義警官アバーライン、朝靄に死す。

うわー、結局死亡フラグを回避できなかったか。まぁ、今時恥ずかしいぐらいのベタをやるのが「黒執事」なんだから、当然と言えばそれまでです。
後は「エンバーミング」で活躍してもらいましょう(違)。


今回の見せ場(?)は拘束されたセバスチャンと、SMするためだけに登場したアンジェラさんでしょう。衣装まで替えちゃってヤル気まんまんです。
一応、話の上では前々回で消えているので「生きていたのか!?」なリアクションがあるかと思ったんですが、セバスチャンもアレくらいで倒せたとは思ってなかったみたいですね。 って当たり前か。

さて、事件の黒幕だったのは
いままでさんざんギャグキャラやってたので、イマイチ本心が分からなかったんですが、どうやら裏切りはマジだった様子。 シリアスかと思わせてギャグでした―ってパターンが頭に入ってるせいで、「いつギャグでしたーってなるのかなぁ」とか余計な考えが中々抜けなかったぞチクショウ。

祖国を守るために、どんな手段でも使う。 丁度坊ちゃんがやってる事と同じですな。しかし、すでに平和のために叔母をも手に掛け、悪魔の力までも持つ坊ちゃんには敵いませんでした。

藍猫、そして坊ちゃんを庇ったアバーライン、死亡確認― どんどんキャラが片付けられていくなぁ。マダム・レッドが消え、劉が消え、初期から残ってるキャラってもうグレルくらいしかいないんだなぁ。


●黒執事 第21話「その執事、雇傭」

shitsuji21.jpg

これはおそらく、クライマックス前の最後のコメディ。今回の主役は僕が個人的に大好きなダメ使用人トリオです。

ちょこちょこ描かれていた様子から、バルドが軍人、フィニが改造人間(実験体?)なのは予想できましたが、メイリンがスナイパーだったなんて思いつくかコンチクショウ!

彼女の設定年齢が23歳と聞いてビックリしました(10代だと思ってた)が、こんな過去があるならまぁ納得です。「スカートを穿いたことがない」発言から、てっきり元奴隷だと思ってたんだけどなぁ。完全に斜め上を行かれました。
でもメイリンカッコいいからいいや。

この3人が屋敷の防衛戦力なのは、たぶん 坊ちゃん公認 → セバスチャンがスカウト なんでしょうなぁ。でもなきゃ使えない使用人を残すような主人でもないと思いますし。

脇役が根性見せる話は個人的に大好きなので、今回はとっても気に入りました。
スポンサーサイト
[2009/03/07 14:11 ] | アニメ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<お知らせ | ホーム | BAMBOO BLADE 第88話「女のプライドと女の策略」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。