スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
黒執事 第18話「その執事、転送」 第19話「その執事、入牢」
当ブログにおいて最も需要がない記事とは承知の上ですが、
2週間分溜めてしまって気持ちが悪いので、自己満足のために書かせて頂きます。
まぁ、そんなこと言ったらこのサイト自体自己満足のためのものでしかありませんが。


●第18話「その執事、転送」

shitsuji18.jpg

トンネルの向こうは、死神の国でした(違)。
アンジェラが坊ちゃんを連れ去った先は、何故だか図書館。ソウル・ソサエティみたいなもんなのか。
よく分かんないけど、天使のいる世界(天国?)に連れてった方がアンジェラさん的に都合がよかったのでは?

天使の能力で坊ちゃんの憎しみを消そうとするアンジェラ。
悪魔であるセバスチャンは坊ちゃんの欲望を叶える事で魂を奪おうとしている訳ですが、方法が逆なだけで多分アンジェラも似たような事しようとしてるんだろうなぁ。

その場に居合わせた死神ウィルと共同戦線を張り、悪魔&死神vs天使のバトルスタート!
…って何だそりゃ。人外バトルアニメになってるよもう。 あと死神って天使嫌いなのか。

アンダーテイカーの正体は、伝説の死神でした。
現役引退して現世でおかしな店を経営してる怪しい男…
今思えば思いっきり浦原喜助なんだな、この人。

しかし、やっぱグレルが動き回ってくれないとどうにもギャグ分が足りなくて息苦しいです。変態だけど、マダム・レッドの仇だけど重要なキャラよ。オーバーリアクションですぐ(男の)色気を求めて、適度に弱いのが正に引き立て役。 コイツがおらんとコントラストが発生せんのですよ。

助け出された坊ちゃんはセバスチャンに魂を差し出そうとしますが、断られました。
…ココ、一瞬意味が分からなかったんですが、多分 シネマティックレコードの中でアンジェラが両親を殺したように見えた → セバスチャンがアンジェラを倒した → 敵討ちは終わった と坊ちゃんが解釈したからなんでしょうね。
しかし、視聴者から見たらまず犯人アンジェラはないだろうし、アレで倒せたとも到底思えませんぞ。


●第19話「その執事、入牢」
shitsuji19.jpg

あ、藍猫しゃべった。
多分中国語で「Yes,my lord.」みたいな言葉なんだろうなぁ。

今回からは「坊ちゃん没落編」がスタートみたいですね。
自社商品から麻薬が見つかる、劉の(たぶん)裏切り、あからさまに怪しい女王の指令を伝えるアッシュ。あれよあれよと言う間に勾留されてしまいました。
セバスチャンが連れて行かれたのは拷問部屋。まぁどうせ彼が屈服するはずがないんですけど、悪魔を拷問と言うと昔ガンガンでやってた「里見☆八犬伝」の荘助処刑シーンを思い出しますなぁ。あんまりに不死身な荘助は刺されようが斬られようが燃やされようが次のコマでは復活してて面白かったなアレ。

そしていきなり死亡フラグが立ちまくるアバーライン。 いやアンタ、「実は孤児の生まれ」「王家に関わるキナ臭い事件を担当」「最近プロポーズした」「主人公チームを逮捕する」もうロイヤルストレートフラッシュだよコレ…
真相に近づいてアッシュ辺りに殺されるか、良くても婚約者が死ぬルートだよオイ!

うーん、どうもココんところお笑い成分が足りないなぁ。せっかくの使用人3バカ&リアルタナカさん再登場なのにドタバタ不足だし、身近に迫る脅威の引き立てにされちゃったからなぁ。

いや、僕が勝手に『黒執事』を半分ギャグ漫画だと思い込んでるだけなのは分かってるんですが、ちょっとシリアスに持って行きすぎて、笑っちゃうようなバカバカしさが薄れて来てるのがちょいと残念です。

もっと3バカ+タナカさんを!グレルを動かしてドタバタさせて下さいな!(メインターゲットである女子層はたぶん求めてないと思うけど。)
スポンサーサイト
[2009/02/24 08:03 ] | アニメ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<今週の番長と魔王。 | ホーム | web拍手返信(いまさら)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。