スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
人造人間キカイダー THE NOVEL

友人な連れられ、『風立ちぬ』観て来ました。
決して悪い映画じゃなかったけど、ちょいちょいツッコミ所があるのも確か。
全体的に悪く言えばベタで古臭い、よく言えば定番で外さない演出が目立ちました。
…途中のドイツ人とか、一体何のためのキャラだったんだろう?
あと、コレっていわゆる人生の走馬灯と思っていいんですよね?
ああ、あんなことあったな。あの時は楽しかったな、と思い出してる話かと思ってました。


さて読みました、小説版『人造人間キカイダー 』。
なぜ今になってキカイダー?って思いましたが、2014年に映画化するんだとか。
この前『サイボーグ009』も映画やりましたし、リメイクヒーローの流れはまだまだ止まらないようです。
特にキカイダーは「機械」、009は「戦争」と、時代によって扱いが大きく変わっていくものがテーマですので、
また10年くらい経ったら再リメイクされるかも知れません。


人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)
(2013/07/25)
松岡 圭祐

商品詳細を見る


舞台は現代2013年。
パソコンやインターネットの隆盛する現代だからこそ、
機械のヒーローである利点、必然性が上がっているようでした。
自分としては2001年頃のアニメ版キカイダーや、漫画のキカイダー02、S.I.C.のフィギュアシリーズの思い出が強いですが、あの時は「ヒーローを大人の鑑賞に耐えうるものにする」目的だったのか、
過剰にダークな話にする傾向がありましたが、今回はもうちょっとエンタメ寄りです。

ミツコさんは乙女ゲーやるわ、プリキュアのコスプレするわのオタクキャラだし、
ジローもちょっと天然ボケ成分入ってます。
最初は「どーせこんなの読むのはオタク野郎だから、あいつらの好きそうなの入れとけ!」な
ノリかと思ってムッとしましたが、「機械と会話する」感覚を分かりやすくするための
設定だったんですね。

映画にするにしても、このままじゃないだろうなぁ。
色々地味なので、映画は映画で別物になりそうな気がします。
スポンサーサイト
[2013/09/22 12:30 ] | 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 不思議の街の秋葉原>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。