スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
読んだもの、6/26

急に、アメコミが読みたくなったので(挨拶)。


なんかいきなり色々読みたくなる時があるのです。最近特に突然仕事中とかに浮かんで来たりして、ふと気が付くと1万円以上も本を買ってたりするのですよ。家計簿を見ると、どうも僕の余計な出費は主に本代のようです。

んで、買ったのはコレ。高いし厚いしなので本棚のどこに入れるか非常に難儀しました。

DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)
(2009/09/01)
フランク・ミラー

商品詳細を見る



WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)
(2009/02/28)
アラン・ムーア

商品詳細を見る



アメコミの中でも最高傑作の部類に入る名著、だそうです。
っていうか僕今まで一度もアメコミ読んだ事ないからまるっきり分からないんだけど。
さらに映画も全然観てないんだけど、ライムスター宇多丸のザ・シネマハスラー(ラジオ番組、熱意の高い映画批評がすごく楽しい)を通勤中に聴いていたら原作本を読みたくなったのね。

で、読みましたバットマン。
ウォッチメンはもっと「濃い」ので今回はダークナイトだけ書きますけど。

バットマンって、結構ダーティファイターなのね。
犯罪者と見るや容赦なくボコボコにぶん殴る。メッタメタに殴る。うん、正直言ってかなり怖い。なんで殺さないのか不思議なくらい。

シネマハスラーではバットマンが何故あんな蝙蝠の格好をしているのかに「ゴッサムシティ(バットマンの舞台)が最低最悪の街だから、ああでもしないと目立たない」と言っていたけど、ホントあらゆる意味で最低です。主に精神面で最低です。
何が酷いって、殺人鬼に対する処置が甘すぎる。アーカム精神病院に入れれば凶悪犯でも必ず更生する、と言う風潮が(なぜか)支配しており、そして予想通り悪役共は反省すらしておらず、簡単に退院しては再度殺しを始めると言う始末。トゥーフェイスもジョーカーもあっさり再犯→バットマン出動がもうお決まりですわ。

本のタイトルは『ダークナイト』だけど、映画と違ってジョーカーの出番はあんまりありません。結構呆気なく倒せちゃうんだね。ジョーカーの活躍が見たかったら『キリングジョーク』とかの方がいいのかも。

って言うかそもそも、この本自体が『ダークナイト リターンズ』(1986)と、『ダークナイト ストライクスアゲイン』(2001)の2作品を1冊にまとめたものなのね。なので本の半分から大きく絵の雰囲気が変わります。描いている人は同じなのかな?
ついでに話の雰囲気まで変わります。でも個人的には古い『リターンズ』の方が渋くて好きです。
『ストライクスアゲイン』はたくさんキャラ出そうとした結果大雑把になりすぎてる感が大きいのがなぁ。

読んで初めて知ったけど、バットマンとスーパーマンって仲悪いのね。この本では最後まで戦いっぱなしです。宇宙人で超パワーを持つスーパーマン相手に、あくまで「鍛えただけ」でただの人間なバットマンでは普通勝てる要素ないんだけど、罠を作ったり助っ人を呼んだりダーティ手段でバットマンが勝ったりします。それでいいのか正義の味方。

『リターンズ』はあくまで老いたバットマンのお話。スーパーマンもグリーンアローも出て来るけど、あくまで脇役としての出番に限られています。
対して『ストライクス アゲイン』はヒーロー総登場、コレDCコミックのヒーロー全部出てんじゃね?ってくらい大量のキャラが現れます。でも敵で名前あるのルーサーとブレイアニックだけじゃね?と言う、例えるなら『スーパーヒーロー大戦』仕様。まあ途中までスーパーマンが敵役なんで間は持っているんですが。

しかし最大の問題点は「絵が汚い!」に尽きます。
『リターンズ』では細かくまとまってる感があるのになぁ。『ストライクス アゲイン』は本当に粗い。特にアップの絵が粗すぎる。サインペンで主線を描いたの?って訊きたいくらいです。ワンダーウーマンなんてせっかく大きな見せ場があるのに、どアップでガサガサな絵のせいで読んでて引いちゃうくらいなのが惜しくてたまらないです。

アメコミは漫画よりも絵本に近い、と何処かで言っていましたが、個人的には「紙芝居」の方がもっと近いかなぁと感じました。
例えばページをまたぐと全然時間も場所も違う話になってたり、ひとつの話はできるだけ少ないページにダイジェストみたいに詰め込むのが主だったりします。なので漫画のつもりで読むと唐突感がパないです。
でもなんか何度か読んだら慣れて来た感があるので、もうちょいしたらまた感想が変わるかも。
スポンサーサイト
[2012/06/26 22:41 ] | 読書 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<叫んでみた】仁王イリュージョン!【ゴーカイチェンジ】 | ホーム | web拍手返信>>
コメント
連載初期のバッドマンは冷酷な性格で
犯人に殺人を犯すように罠を仕掛けていたようです。
[2012/07/11 07:19]| URL | 名無し #- [ 編集 ]
今まで気にならなかったのが不思議なくらい外道ヒーローです、バットマン。

本格的に優先順が
悪党を倒す >>> 市民の安全を守る
なんですから、ゴッサム市民に嫌われるのも判らんでもないのですが。
[2012/07/16 20:14]| URL | 馬茶 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。