スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
4/20(だんだん余計な所書くのめんどくなってきた)

新しい会社行って来ました。

でもなんか体冷えちゃったので風邪気味です。
なんでか今日は寒かったです。暖かくしてたっぷり寝よう。


「天竜八部」
天龍八部一 剣仙伝説 (徳間文庫)天龍八部一 剣仙伝説 (徳間文庫)
(2010/01/07)
金庸

商品詳細を見る

いつだか中国武狭小説を読もう!と突然思い立ち、最初に手を出したのがコレでした。
本音を言えば「愛ヴァンホー」の次作候補として、金庸作品中で一番キャラクターが入り組んでいるものを選びました。これでも大長編を書こうかとか考えてたんだよなぁ…

内容はかなりハチャメチャです。
たぶん中国の人にはもう見慣れた光景なんでしょうけど、金庸では本当にその辺の人でもいきなり超人的な動きとかするので、「男塾」でも読んでると思ってツッコミを入れながら読むのが精神的にも健康だと個人的に思います。
ニコニコ動画で金庸ドラマに「戦国BASARA」の曲をつけたMADがあり、その親和っぷりに感心した事があります。ぶっちゃけ全編通してあんな感じ。

超人的な動きって、例えば序盤でも山二つ向こうから大きな声を轟かせる技が出て来たり、逆に決まった相手にしか聞こえない声が出せたり、主役の一人 段誉は指先から剣気(本当にこう書いてあるんだけど、正直今でもコレがどんなのかわからん)を発射したり、作中最強キャラの蕭峰は"掌"を放つことで逃げた敵を撃ち落とし(要するに、かめはめ波みたいなモノを発射したのだろうか?しかもコレが頻繁に出てくる)、極めつけは偉いお坊さんが新しく入った長髪長髯の弟子を気合いひとつで一瞬で丸坊主にする(!)謎シーン。なんか剃刀使うよりも鮮やかに頭が丸くなるらしいです。たぶんそれだけお坊さんが"気"を鋭く精密に動かせる事の表現なんだろうけど、正直パフォーマンスにも程があるだろ、坊さん。

武狭世界特有の技もそうなんですけど、人物も色々とツッコミ所満載です。
ぶっちゃけ小説のキャラだと思わずに、マンガかライトノベルのキャラだと意識して読んだ方がすっきりしてると思います。最後の方まで行ってのネタバレになりますが、基本的に主役キャラの世代は総じて「不幸」、その親世代の面々は揃って「クソ親」ばかりと言うどーしょーもない奴らばっかな印象です。
だって主役級の4人って誰ひとりまともな親いないもんなぁ。

段誉 → 浮気者(どこに行っても現地妻がいる)の段正淳の息子。でも本当は旦那に愛想を尽かした母が、その辺の浮浪者(実は段延慶)と当て付けで作った子供。父ちゃんもヒドイけど母ちゃんもヒドイ。

蕭峰 → 両親とも完全な被害者だけど、そのせいで父親は復讐に狂い育ての両親を殺し、行く先々で息子の縁者を殺し、善意ながらどんどん息子を追い込む。親父さんはたぶん人は悪くないんだけど、憎しみに突っ走りすぎて結果的に息子に超迷惑かけてる。

虚竹 → 妻帯を禁じられた高僧と、悪党の葉二娘にできた不義の子。一体どういう経緯でこの二人が子作りしたのか分からんが、目の前でいきなり両親に死なれた虚竹が単に不遇。

慕容復 → 主役キャラ唯一の悪役担当。先祖代々の雪辱のため頑張ってきたけど、なにひとつ達成できなかった上に、それを教え込んだ父が目の前で坊主になって雪辱とかどーでもいいと言っちゃう。全人生を真っ向から否定されて発狂。親父さん、いくらなんでもアンタ勝手すぎるよ。

それとは別に究極レベルのドM、游坦之もインパクトだけは半端じゃないです。なんで「拷問大好き!死ぬほど痛めつけるの楽しい!」とか公言してる阿紫(まさに純粋混じりっ気なしの悪党女)が美人だったからってベタ惚れするの?
死ぬほどヒドイ扱い受けてるってのに、本気で彼女を助けようとする彼の姿は酷過ぎて涙を誘います。しかも最後まで報われることもないし…

…こうして並べてみたけど、マトモな人間マジでいねぇ。
蕭峰だけは人格も強さも申し分ない人なんだけど、やった事だけみると連続殺人犯でしかないんだよね、不憫すぎる。「親がヒドイと、子供の世代はマジ不幸になるよ!」ってのがテーマだったのかなぁ。

スポンサーサイト
[2012/04/20 19:42 ] | 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<転職報告とか 4/23 | ホーム | 報告 4/18>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。