スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE B 第39話「テルキと剣道」
寒い、寒すぎる。
なぜこんなにも寒いと動きたくなくなるんだろう。冬眠したい。


『スカイブルー』終わっちゃいました。
なんだかフツーな最終回だったので、MAD制作とかムリですねコリャ。
つくづく『女王騎士物語』が異常だったのか分かる結果になっちゃいましたね。あれからもう4年なのか…


●BAMBOO BLADE B 第39話「テルキと剣道」

有馬が本気出す回でした。

少年たちが全力を出す事ができても、強豪校に勝つとかムリです。
土塚マンガって本当に時々(いつも?)シビアですよね。

辻村、古剣を開放。
詳細は省かれてしまいましたが、たぶん他の弟子の誰か(佐藤が濃厚)の試合シーンでお披露目となるのでしょう。「あ、あれは辻村と同じ!」とかそんな感じで。

続く有馬テルキも見様見真似ながら古剣の動きを使用。
強豪相手に善戦は見せるも、現実は厳しく、ここで飛鈴中の敗退が決定。

ってな感じであっさりと団体戦は終了。
いくら主人公でも、最近頑張り始めたばかりのチームがいきなり全国とかないよねー、
なのが土塚流のリアリティ描写か。何も優勝するだけが魅せ方じゃないって言い分は正しいと思います。

焦点は早くも翌日の個人戦へ。
ケンタ祖父の動きは、ユウに古剣対策を教えるモノと思われますが。果たして彼女の相手は誰か、根本さんか奥園ヒメか、はたまた柳沼さんかヒバチさんか。ところでヒバチさんも他キャラに劣らずの残念さんと判明。マジで有力者は片っ端からこんなのしかいないなー。

さてラスト。
古剣使い最強の人物とは、今まで全然剣を見せていない佐藤だったというサプライズ。
チョーさんといい、梅子といい段々定番になって来ましたね「一見ショボ気な実力者」。これまたお約束な妙に目つきがキリッとした所で次回へ続く。
と言っても対決するのはジンかレンジなんでしょうけど。
スポンサーサイト
[2012/02/19 17:26 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ハルポリッシュ 第10話「ハルと呪いの刀」 | ホーム | マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第45話「古の力と新たな力」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。