スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
黒執事 第13話『その執事、居候』
コミケ戦利品を読んでいたらすっかり遅くなってしまいました。
今頃ですがアニメ『黒執事』感想参ります。

そういえば、コミケで黒執事本も探しておけばよかったかなぁ。コスプレさんも多分いたんだろうけど、普通にスタッフが燕尾服とか着てるから、そうかどうか判別つきませんでした。
よく考えてみたら『黒執事』の衣装ってかなり普通(=現実的)なので、見てもあまりインパクトないかも。

shitsuji13.jpg

●黒執事 第13話『その執事、居候』

今回は新キャラ2人の紹介のみで30分もってしまいました。
インドからの来訪者 ソーマ王子:立花慎之介 とその従者・アグニ:安元洋貴

まず思ったのが、アグニ声低っ!
なんかマッチョで体育会系な感じですね。もっと爽やかで若々しいイメージがあったんですが、コレはコレでいいかも。
考えてみれば、大男のセバスチャンより一回りでっかいんだもんなぁ。身長2mはある?

ソーマ王子は普通に高貴な印象。キャラ的にはガキんちょなんだから、いっそ女声でもよかったんじゃないかと思いますが。まぁ以後のヘタレ演技にちょっと期待。

アグニの有能さを魅せる都合上、ファントムハイヴのダメ使用人3人(タナカさんは…?)もロンドンに来ています。本邸の番はプルートゥに任せるって…大丈夫なのかソレ。
戦闘能力などの実力的にはセバスチャンと互角のアグニ。でも彼が大きく勝っている点は人使いの上手さ。何せ彼は信仰に篤い聖者であり、「」の良さは抜群です。 悪魔であるセバスチャンではこうは参りません。

よく見たら作ってる料理カレーだw 明らかに伏線ですね。
ああ、そう言えば今回の話も敵が誰かに唆されてやりましたーって展開にすればアンジェラさんとかも話しに絡められそうだなぁ。ドルイット子爵のネタも既にやってしまっていますし、多少はアニメアレンジが加わりそうな予感。
スポンサーサイト
[2008/12/30 21:55 ] | アニメ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<新年1発目の更新 | ホーム | 年末のヤンガン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。