スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE B 第36話「伊藤錬二と風見荘次」

今回の清杉はヒドイなぁ。実にヒドイ(褒め言葉)。
土塚先生、この件に関してはもう突き抜けてるよね。ホント、なんでこの漫画連載続けてるんだろう?
まぁ、大笑いしたんですけどね!


何気に僕はBBBをいい漫画だと感じています。
今時珍しい正道な熱血スポーツものであり、超人的な要素に頼らず試合をしっかり盛り上げられる点が特に良いと思います。
決して特出した所はないけれど、丁寧な仕事を感じる職人芸。そんな印象を受けます。
純粋に次回が楽しみだ。

●BAMBOO BLADE B 第36話「伊藤錬二と風見荘次」

タイトル通り、今回はこの2名の対決。ほぼそれだけの内容です。
しかし単純に熱い、バトル漫画として見ても上々の回だと思います。

巻き技、担ぎ、そして弱点の克服と格上相手の戦い方。
レンジが相手の得意技を盗んだ!……とフェイクを入れてからの胴一閃。
ぶっちゃけ僕は剣道を全く知りませんが、この流れは実に見栄えもして見事の一言。がっつり取材を行って、説得力のある逆転劇を無理なく描けている事が実に素晴らしい。

あー、この辺のアクションとかしっかり再現してアニメ化とかしないかなー。いやマジで。

ユウは応援だけでなく、同化、つまり自分がそこで戦っていると想定しての観戦が身に付いている様子。アレですね、バキで言うリアルシャドーですね。居合の境地ですね。

最後は予想どおり、大将戦にチームの勝敗を決める大一番が回って来ました。
さあどうなる、佐々木部長!マンガ的に考えれば、奇跡の逆転勝利の流れがもう出来てはいますが、BBBだと普通に負ける展開もあり得るからなー。本当に先が読めません。



スポンサーサイト
[2011/11/14 18:01 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
<<愛ヴァンホー 最終話「勇者と竜王と」前編 | ホーム | Waltz tempo26>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。