スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第38話「勇気と希望」

前略。自分、体力の低下が酷いです。
しばらくぶりに体を動かそうとジョギングしたんですよ、30分ほど。
しかし15分持たないんですよ。途中休み休み走って、あんまり疲れたからぐっすり寝て、それから丸二日経つのに全然筋肉痛が治らないんですよ。

どうやら症状の一つに「尋常になく疲れやすい」があるみたいです。
こんなんで社会復帰できるのか…?


まぁ、そんな個人的な話題はさておき。

●マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第38話「勇気と希望」

――戦場へ。

ロボット群団の攻勢の中、走るシロサギ。途中、軍の協力もあって辿り着いたメモリア魔法陣には、すでに先客ナツメ・テレサ・エンドの女子勢が揃っていました。
人類最後の反撃が、今ここから始まります。

「廻天の術」とは、つまり超強力な界王拳(自分が死ぬ)。…なんか、全員がそれを使用した「廻天部隊」とか出て来そうな設定だなぁ。さすがにこんな終盤ではないだろうけど。
しかし、それを知ってなおヤル気満々なクリム。もう完全に吹っ切れているからか、こんな状況でも変わらない彼女の態度には頼もしさも感じます。嗚呼、これでもっと出番が多ければ…
対称的に、未だベルジの死から立ち直れないメルパトラ。この状態のまま最終決戦に入ってしまいますが、はたして彼女に再起の時は来るのか。

海賊ギン、これがたぶん最初で最後の大活躍でしょう。
砲撃手の天才を発揮し、フィーアへ六大石を見事一発命中。
そして再融合へ走るナツメを護衛したのは、フュンフを駆るアースカルフ!見るからに上半身の肥大化したパワー型を思わせる外見ですが、その真価やいかに(考えてみりゃドライだって飛びそうなデザインではなかったし)。


さて、次はクロイツ2体で抑え込んだツヴァイにシロサギが乗り込む流れか。
未だ姿を見せないドライは、おそらくシュウガかクリムの乗ったアインスとぶつかる流れなんだろうなぁ。
そうなると残った片方がドライを乗っ取るのか。いや、もしかしたら復活したメルパトラがドライに強制融合して
ベルジと対話するとか、メルヘンな展開もありかも。
そして「血」のクロイツはやはり後で脅威として現れるのか。


何にせよ、対大魔王デュデュマに向け、クロイツ揃い踏みとなるであろう次回に続く!

スポンサーサイト
[2011/09/30 15:34 ] | マテリアル・パズル | コメント(0) | トラックバック(0)
<<BAMBOO BLADE B 第33話「飛鈴中と元永中」&第34話「面と面」 | ホーム | 【アイマス × 金庸武侠短編】越女剣 解説編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。