スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ハルポリッシュ 第4話「赤ちゃんとおっぱい」

ふと、ハルたちに声が付いたらどんなんかなー、と思い、
ハル = 豊崎愛生 と直感したのですが、それはきっと彼女の正面向き顔が平沢唯に見えて仕方ないからなんだろうと感じた今日この頃。その理屈で考えると 片山先輩は伊藤静か(どう見ても神裂さんだから)。


●ハルポリッシュ 第4話「赤ちゃんとおっぱい」

今回は、おっぱいと居合道の蘊蓄話です。
相変わらず全く話は進んでないし、本筋も丸っきり見えて来ませんが、これはこれで「清杉」的な日常系ギャグ漫画だと考えればいいのかなぁ。

いきなり5Pにも渡るおっぱい談義。
これまでビックリするほど色気のない作風の土塚先生だっただけに、面喰った読者も多そうです。
しかし思うに、ご自分の絵柄ではできないであろう演出を積極的にやらせてみよう、という意思を個人的には感じます。

少女漫画風味の(どちらかと言うと、女性読者に支持されそうな絵柄の)女の子が得意な あぐり女史 には年頃の女子同士のじゃれ合い(BBにはある種、「女子高」風の光景が多々見られました)を、シャープでシリアスが似合う 吉岡先生 にはダークで重苦しいストーリーを。そして、男性読者に好まれる(現実離れしたほどに強調されたエロスな)女の子を描く みなもと先生 にはバリバリのお色気シーンを。

……もし、今後もこうした適材適所に作風変化させていくと考えると、土塚先生は次あたりにはどんな雰囲気のお話を描き始めるのだろう?
ひょっとしたらこの人、やろうと思えばどんなストーリーでも出来るんじゃないの?
しかもまだまだ次回作の構想とか尽きていないそうで… どんだけバケモノなんだ、土塚理弘!


さて、本編のメインは居合道および刀の使い方説明です。
モデルとして起用されたのは(ハルだとトランス状態に入ってしまうためか)ヒナちゃん。てっきり生徒会長だけに見た目に反したしっかり者かと思っていましたが、かなりの無邪気な子供キャラでした。
可愛い女の子だから許されてる感がありますが、コレで男だったら間違いなく嫌われてるだろうなぁ。ポジション的にマルキス(初期の)だし。

刀を扱う上での注意点を一気に説明。そうだよねー、シャキンとかカチンとか音が出るとカッコいいけど、戦場であんなに鳴ってたら目立って敵わないし、実用的ではないよね。忍者とかも時代劇だとザカザカ、シュシュッと音出してるけど、アレじゃどう考えても忍べないよね。
だからと言って斬り合いを無音で作ったら地味な事この上ないので、仕方ない点ではあるのですが。

今回の型披露は拝先輩。
「華麗さ」を感じさせる片山先輩とは違い、男の剣と言う事もあり「荒々しく、鬼気迫る」見事な演武です。
ついでに血飛沫も大盤振る舞いです。びっちゃびちゃです。
相変わらずリアルシャドー能力高えなぁ、オイ。


さて、最後にこの漫画の目的らしきものを前フっておしまい。
と言っても前回と大して説明が進んだ部分もあんまりないのですが。

拝先輩の家は鞘師、ハルの家は刀工な訳で、人殺しの道具を作って来た呪いと言うと ウィンチェスター家 みたいな話ですね。それを早く解くのが拝先輩の目的?でも何で時間がないの?

…って言うか、それよりハル本人の精神の方が心配なのですが。放って置いたら絶対人斬りになるぞ!早く医者を呼べ!
そしてこの恍惚とした表情である。考えてる事はアレなのに、何故彼女はこんなにもゾッとする程美しいのか。…こういう人間を放置していくと、「Waltz」の店長みたいな人間が出来上がるんだろうなぁ。

スポンサーサイト
[2011/08/28 00:44 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第35話「破壊と再生」&第36話「行く者と残された者」 | ホーム | Waltz tempo23>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。