スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE B 第30話「ケンちゃんとおばあちゃん」

マンガ喫茶で久しぶりにヤングガンガン読みました。
BBが終わって以来ご無沙汰ではあったんですが、フロントミッションはまだ常木中尉が弟とバトってたし(決着はしたみたいだけど)、ニコイチも変わらず菜摘さんとモタモタしてたし、行商人もまだお姫様とがんばってたし、衛さんも相変わらず犯罪者とやり合ってたし、何よりヴァンプさまがあまりにもいつも通りでした。
あ、天使の裁量は前っから増刊で好きだったので、本誌にいて嬉しく思いました。単行本とかあったら買おうかなぁ。
なんと言うか、別に毎回ムリに追いかけなくても全然困らないんだなぁと感じました。

あと、少年ガンガンは『スカイブルー』が純粋に面白くて困る。
ハッタリの効かせ方が非常に上手く、画面の荒々しさと力強さにグイグイ引き込まれます。
単純なストーリーをバトルの迫力だけで魅せる。読後感としては『HELLSING』に近いものがあるのかも知れません。

そして今月の清杉はスゴかった。
全編に渡って想像の遥か上を行くハジケっぷりに笑いが止まりません。
ゼロクロの反動なのか?なんかもう『ボーボボ』じみて来たなぁ。いや、ボーボボ大好きですけど。


●BAMBOO BLADE B 第30話「ケンちゃんとおばあちゃん」

前回はもっちー回でしたが、今回はケンちゃん回です。

シャイニングおてもやん、メスゴリラ、メテオキノコ、毒ねこ、タナトス、佐とうたかし、ペドロリロチョモロノフ(あきら)。

ネクバーパ船長が見たら狂喜しそうな珍奇っぷりです。どこで売ってるんだこんなシャツw そして原稿の余白に配置すんなw
この見ただけで脱力した笑いが生み出せる絵を描く才能が羨ましい。結構マジで。

おばあちゃんの前では、買ってもらったシャツを着る事。
それが例え授業参観の日、つまりクラスメイトだけでなく、その親たちにまで見られてしまう状況であっても。

全てはただ、おばあちゃんの笑顔のために。
何も語らずともクラスメイトに伝わるケンちゃんの決意。
だ… ケンちゃん、あんた小さくても立派なだ…
絵面はアレだけど。しかも当のおばあちゃんに実は呆れられていたというオチまで付いて…


とにかく今回はギャグがキレまくっていた良回でした。
どうしちまったんだ、土塚理弘!!?
スポンサーサイト
[2011/06/12 13:23 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Waltz tempo21 | ホーム | ハルポリッシュ 第2話「ハルと男の子」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。