スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
黒執事 第12話『その執事、寂寥』

”の字が中々出なくて困っちゃいました。
「リョウ」って読むのねこの漢字。

「鉄と鋼じゃ まーがーる♪まーがーる♪」
shitsuji12.jpg
…何と言うマッガーレ(違)。 いい声だなぁ小野D。この馬鹿馬鹿しさがたまりません。


●黒執事 第12話『その執事、寂寥』

「いやぁぁん♪獣と熱い一夜、なんてインモラル!」
「私は、サクランボの茎を舌で結べますよ」「Oh!Yeeeeeeeeeeeeees!!」
「愛の共同作業ねぇ!」

リジーがかなり危ない目に遭っていますし、敵も不気味で終始シリアス&ホラーなテンションが持続。 しかし、その中でいつものノリを失わないグレルが一人気を吐いています… お笑い担当として。

人形執事ドロセルは既に死んでいたみたいです。グレルの「死亡者リスト」ってのは過去の死者のデータだったのでしょうか。
「ご主人」と言ってもそれすら傀儡であった訳ですが、その目的はシエルの命? 悪魔(セバスチャン)を召喚した事で彼が「不浄」と見做されるのは納得できますが、少女誘拐の理由が分からんです。

そして、早くも再登場、矢島晶子=アンジェラさん。ってか真犯人かよ! 今にして思えば、魔犬編での黒幕も彼女でした。人心を惑わすような術が使えるんでしょうね、きっと。
セバスチャンが嫌悪感を持ったことと言い、Angelaと言う名前といい、2chでは「正体は天使」説が既に流れていたりします。色合い的には「白冥土(メイド)」とかになるのかしら? …たぶん合ってんだろうな。あんまり捻ったりするような原作でもないし。

ともあれ、次回より個人的に楽しみな「カレー編」がスタート。
想像以上に色黒いなぁアグニ。でも可愛いから許す。 日本をインドにしてしまえ!
スポンサーサイト
[2008/12/20 11:28 ] | アニメ | コメント(0) | トラックバック(1)
<<作業中 | ホーム | 拍手返信>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(アニメ感想) 黒執事 第12話 「その執事、寂寥」
黒執事 I 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 月明かりに照らされた塔の制作室のなか、人形にされたエリザベスが椅子に座らされていた。一方、セバスチャン達と共に、襲い掛かる少女人形を撃退しながらエリザベスを追ってきたシエルは、あらためて自分の身が再び
[2008/12/20 22:52] | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。