スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第16話「父と子」

ひさびさです。年末年始の仕事あった影響なのか、すでに疲れています。
なんかもう週一更新みたいになってしまってホント申し訳ないです。

さて、新年明けて一週間。いつの間にやらMPが更新されていたので、感想に参りたいと思います。
今月は12日じゃないのね。


●マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第16話「父と子」

扉絵のマルキスがイケメンすぎて笑えます。マジで誰だよw
ふと思ったんですが、ゼロクロになってからアオリ文句の雰囲気が変わってきましたよね。なんかスタイリッシュになったというか中二臭くなったというか。前はもっとのほほんとしてたような。


・操心テスト

マジェンガ魔法陣入学者試験のひとつ。どうやら言葉の通じない獣と心を通わせる事が、クロイツとの同調にもつながるらしく「息の合い具合」が着目されるようです。

ここでも目を引くのはやはりベルジとアドー。
アドーの取り巻きたちはベルジを直接潰せないのが不満そうですが、火の輪潜りとかアスレチックとか見ると試験そのものが大道芸臭いです。

そして今回の主役、我らがマルキスです。
入学試験のときのマルコには逃げられたらしく、同種の別騎を連れて行こうとしますが…

結果を言えば失敗。見込みなしとして、マルキスは魔法陣から退場となりました。
それでもなんとか連れ立つくらいはできた根性は見られ、彼最大の目的”親父との対話”を果たした彼の表情は満足気でありましたとさ。

言葉にこそ出しませんでしたが、マルキス父(そういや名前出てきてないな)は実験の失敗で妻を失った事から、マルキスにも不幸がおよばぬよう厳しい態度をもって遠ざけており、マルキスはそんな父に自分が魔獣に触れる姿を見せる事で「母の死を乗り越えている」と伝えたかったのでしょうね。


さて、今回でマルキスは脱落してしまった訳ですが、今後彼はどうなるのでしょうか。
主人公たちが行う事の大きさを表現するために途中リタイア者を描くのは常道でありますが、まさか名ありのキャラがそうなるとはシビアな話です。
…予想ですが、これ以後彼は魔法陣外部からベルジたちへコンタクトを取る役目に移行するのではないかと思います。なんのかんのやってますが、現状の魔法陣って完全に密閉された空間ですし、外から世界の情報を得るキャラは有用になりそうな気がします。


・シュウガの危機

一方、いつまでたっても会場に現れなかったのはシュウガとエコルドさん。
エコルドさんの方は単にのんびりしていただけで、ナツメの鉄拳制裁で終わりましたが(キングに続き、こいつも完全にお笑い担当になったなぁ)、シュウガは本当にトラブルに巻き込まれていました。

キラを襲った、大きく目の垂れた男とその部下たち。どうやらマジェンガの生物研究員のようです。
完全武装した集団と素手で真っ向勝負を果たしたシュウガですが… っつーか絶対撃たれてるよねコレ。何時間も経ってるってことはキラも仕留められてるか逃げ回ってるかでしょうし、次回は対人戦に傾れ込みそうな予感。

前回、キラを狙う一団はマルキスの活躍かと予想しましたが、どうやら実際には(ここまで大した活躍をしていない)シュウガメインの話になりそうです。

スポンサーサイト
[2010/01/07 23:15 ] | マテリアル・パズル | コメント(2) | トラックバック(0)
<<Waltz tempo4 | ホーム | 2009年最後の更新>>
コメント
>あおり文句の雰囲気が変わった
最終ページの方のは中2というか適当になったような。
数時間前だと書いてあるのに「絶体絶命」っていうのはさすがにおかしいのでは?
プリセラVSブライクの時のページ順を間違えた事といい大丈夫でしょうかこの担当は。
[2010/01/10 14:24]| URL | 恐竜博士になりたい #- [ 編集 ]
>絶体絶命
あの時点に関しては間違ってないんですが、結果が見えてるので緊張感が出ないんですよね。正直、ダメなアオリだったと思います。

"斬り裂きマリーの狂想曲"とか"その名は御風"の時は本当にアオリが一体になってて素晴らしかっただけにちょいと残念です。

でも実際ゼロクロってアオリづらいと思(ry
[2010/01/16 08:09]| URL | 馬茶 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。