スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
マテリアル・パズル バトル解説その1 vsアビャク
記事書こうと思って途中保存してたら一週間経ってるとかどういうことなの…

さて、ムダヅモ無き改革の公式ホームページができてました!
噂どおりの大和田秀樹本人の脚本!「大魔法峠」から続投の水島監督!
極め付けはムダに豪華すぎる声優陣! いつ始まるのかも知れないけど今から目茶苦茶に興奮しています。

ティモシェンコに佐藤利奈、プーチンに中田譲治、子ブッシュに飛田展夫は「大魔法峠」組だし想定はしていましたが、小泉に森川智之はいくらなんでもビックリ。 BL帝王の老け役なんて想像もつかないもんなぁ。
タイゾーが福山潤で、ゆかりタンが伊藤静ってホント無意味な豪華さだなぁ。 まぁ前っから川澄綾子に不良やらせたり、能登麻美子に穴掘り娘やらせたりする人だし、別に珍しい話でもないのだろうか。


…前置きが非常に長くなりましたが、ヤンガンも休みなことですし、需要不明の企画記事第1回を書きたいと思います。
まずは単行本2巻のファーストバトル。アビャクとの戦いについてです。


アビャクという男

連載最初の本格バトルと言う事で、アビャクは非常に"わかりやすい"ヤツとして描かれています。
とにかく悪者、とにかく水、とにかく只者じゃない!

なにせ彼はほぼ一人で「マテリアル・パズル」とはどんな話なのか読者に伝えなければなりません。
そのため、キャラクターとして非常にシンプル。それでいてほぼ全ての要素を盛り込まれている、優秀なメッセンジャーとして完成していると僕は考えています。


・初登場シーン

TAPの住んでいた断崖の上にアダラパタとアビャク、怪しげな男が二人。
ここは事前にミカゼが登頂に苦労しており、「簡単に越えられるようなヤツ」が只者じゃないと証明済みな場所です。
この時点でもうすでに彼らが規格外の存在だと分かります。

後でもたくさんこの要素は出て来ますが、土塚マンガはこういったさりげない""の表現がすごく上手です。
大概のマンガでは動じない主人公と対比させるように敵が見苦しい行動をしてしまうものですが、一度上がった"格"を最後まで落とさず描き切るので、どのキャラもある程度は凄味があり、それを乗り越えた主人公の強さも際立っています。

さてアビャク。この時点ではとにかく喉が乾いていて、身内からも言われるほどのマヌケとされています。
ってーか、もうここで彼の説明は十分に終わっていますね。
先にマヌケであると言っておいたからこそ、後で迂闊にやられてしまっても違和感がないわけです。

余談ですが、MPのキャラは大半がこのようにギャグとして初登場しています。それでもって後で実力を見せてビックリ → また元のギャグ要員に戻る と動くことで多面性を持たせる手法が多用されています。
逆にBBでは最初にカッコよく → 実はこんなヤツでした の逆パターンが多いような。これはマンガそのものがバトル主体か日常主体かによって使い分けているのでは?


・水の魔法使い

アビャクの魔法「ブルーリングス」
その効果は「水を操る」だけ、非常にシンプルな能力です。

魔法の威力は単純に水量に比例し、いっぱい飲んでブクブクになってれば強い! 乾いてカサカサになったら弱い! もう見た目だけで状態がわかるなんて、なんてわかりやすい奴なんでしょう!

世に能力バトルマンガが数あれど、「水」の能力者は水砲を撃つ消火するのが関の山。しかしアビャクは水を撃つだけに留まらず、狂わす、刺す、吸う、霧を吹く、ダメージを分散する、移動の際に噴射するなど、普通のマンガでは思いもよらぬ豊かなバリエーションを見せてくれました。
これはそのままMP世界の"魔法"の意味を示しています。 こう言ってはなんですが、MPの魔法自体はどれもありきたりなものです。しかし、それを"どう活かすか"について非常によく考えられています。
のちのエンゼルフェザーやマスターキィに代表されるように、キャラクター自身も「新しい使い方を閃く」ことでパワーアップを果たします。「新能力を手に入れる」よりもよっぽど説得力があると思うんですがどうでしょう。

私見ですが、こうやって使い方の凄さを見せられると「魔法が凄いんじゃないんだぞ、本人がうまく使ってるから凄いんだぞ」と感じられ、単に反則級の能力があるキャラよりもよっぽど"人間的に強い"と印象づけられていると思います。

アビャクは強いんですよ! マヌケだから負けたけど、マジですっげぇ強いんですよ!


・余談

本編中には描かれていませんが、巻末キャラ紹介によればアビャクは砂漠の出身だとか。
やっぱりいつも喉が渇いていたからこそ、常に水を必要とするこの能力を引き当てたのかも知れませんね。

また、ブルーリングスは故郷である砂漠では全く役に立ちません。
里帰りをしたら弱体化するなんて、まさか絶対に帰りたくないほど嫌な思いをしたのでしょうか。

こういった端々の情報から変な思いを馳せられるのも、MPの楽しみ方の一つなのかも。

・500%アビャク

これも余談ですが、作中で高度に水分を吸収した姿が「500%アビャク」と呼称されています。
何の説明もされていませんが、額面通り受け取って考えると平常時の5倍水分を持っている状態と思えます。
ちょっと計算してみました。

※仮にアビャクの体重を72Kgと仮定(参考:馬茶の実体重)、

 人体の3分の2は水分なので
 72Kg × 2/3 = 48Kg の水分を平常で保持
 72Kg - 48Kg = 24Kg がその他の重量

 500%の水分なので

 48Kg × 5 = 240Kg を吸収
 
 その他分を足して

 240Kg + 24Kg = 264Kg

小錦レベルの超巨漢に一瞬で変身している訳ですね。


・奥儀!仙里算総眼図

戦闘の決め手となったティトォの奥の手、仙里算総眼図。
百二十余年の人生から得た"経験"を相手のデータと結びつけ、数分間ながら完全な未来予知を行う技術です。

誰であれ、何かしらの経験があれば「この後どうなる」と予想を立てる事は十分に可能です。その予想を極端に拡大したのがこの技術なのでしょう。
また、(たびたび書いているような気がしますが)「過去のデータを元に闘う」のは普通のマンガでは理知的(もしくは完全なコンピューター)な敵がよく使う手段です。 そして大抵は「こいつの成長は計算以上だ!」とやられてしまうものですが、それを主人公側が使うのは非常に珍しい。

少年漫画ルールでは"勢いが知性に勝る"事が常識ですが、実際に知性を捨てて勝てる程世界は甘くありません。
勝てない相手には勝てない。端々で妙にシビアなのもMPの大きな特徴のひとつです。

・決着

もしもアビャクが冷静さを失わなかったら、もしミカゼがこの場にいなかったらこの戦いの勝敗は逆転していてもおかしくなかった。それほどまでに実力伯仲の名勝負でありました。
能力もフィールドも圧倒的有利だったのはアビャク。しかし決着を分けたのはティトォの強みである"経験"の豊富さでした。

普通、少年向けファンタジーというと天真爛漫な主人公が経験のなさを圧倒的な才能でカバーし、初戦はつまらない敵(なぜか山賊が多い)をあっさり倒すのが王道というもの(「ベルセルク」とかは大人向けだから違いますよ)。
一方、MPはその点がまったく違います。しかも初っ端から大苦戦。 始まっていきなりこんな状態だったので、もう読んでいる僕としては「うわぁ、一味違うぞ。こんなの読んだことないぞ」と一気に物語に引き込まれた訳です。思えばもうこの時点でMPの美点は殆ど表現されていたんですね。


また、決着のシーンでアビャクのぶつかった樹が蘇るのも見事な演出です。
この時点では描かれていませんが、MP世界では樹が世界の根幹として強くフィーチャーされています(星の樹、夢の樹、緑の大陸アルカナ、木の実の形をした星のたまご…etc)。 そのため、生きているだけで樹を枯らせていくアビャクは"破壊"であり""の象徴。そのアビャクを倒し、樹を取り戻したティトォこそが世界の守護者であり、癒し手であると映像のみで表現されているのです。


・まとめ

以上を持ちまして、とにかくアビャク戦はMPの他のマンガとの違いを非常にシンプルに伝え切った名編であるとの解説を終えます。

良い文章の、良いテレビドラマの条件は「最初にクライマックスを持ってくる事」だと言われています。最初に観た部分が面白いと、続きが多少つまらなくても読みたくなるものだから、がその理由だそうです。
その点を知ってか知らずか、この編は優秀な導入編だったと、アビャクはそれを演じさせるのに徹底して考えつくされたキャラクターだったと深く思います。


初編であったからか、書くべき要素がとても多く時間が掛ってしまいました。 ああ、疲れた…
次回、リュシカ戦からはもうちょっと内容が減ると思います。
スポンサーサイト
[2009/12/23 13:30 ] | マテリアル・パズル | コメント(3) | トラックバック(0)
<<BAMBOO BLADE 第104話「ウラとウメ④」 | ホーム | ずっと忘れてた>>
コメント
深い考察、おみごとです。

アビャク戦は僕の中でもアクアvsジル、プリセラvsジル、メッツvsアダに並ぶ1章ベストバウト5に入る名勝負だと思います。
[2009/12/24 20:34]| URL | 八山芸震  #ww1eljsI [ 編集 ]
初めまして。もう全てに同意です。
>>アビャクは強いんですよ! 
ミカゼが来なくてアクアのままだったらやられてたかも、というか青精魔陰包使ったらガンガン全体でも勝てる奴がそんなにはいないですよね。
そういえば、主人公で頭脳型・サポート型って相当珍しいですよね。
次回も楽しみにしてます。
[2009/12/25 16:50]| URL | 恐竜博士になりたい #- [ 編集 ]
>八山芸震様

メッツの評価高いですねw
でも確かに凡人が根性見せる展開は大好きなので納得です。

>恐竜博士になりたい様

こちらこそはじめまして。今後ともよろしくお願い致します。

冷静に考えると奇抜極まりない事をしているはずなのに、パッと見どこか懐かしい王道を行っているように見えるのが不思議ですよね。
こういう土塚マンガ特有の奇妙な中庸さをうまく言い表す言葉はないものか、考え中だったりします。
[2009/12/31 06:32]| URL | 馬茶 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。