スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE B 第12話「男と過去」

なぜか今月もゼロクロイツが4ページのみ掲載です。
この冒頭がないとオンライン掲載分の意味が通らないところもあるので、どっちもチェックしてないと理解できない仕様になっているのね。一体なんのために…

魔法陣編に入ってフェードアウトしたかに思えたアズラック、アップル博士、それから久々登場のコルシカ隊長はなんと教官役として再登場。 なるほどー、既に旅仲間としてキャラ立てが済んでいますので、教官のキャラを説明する必要がないんですね。これはいい手法だ。
そして今回名前が初出のマスターパイネル。頭文字をとるとMPになる事がどうにも気になりますが…

コルシカ隊長が出て来たということは、さんざん話題になってる三十人目の三十士はチオなのか?はたまたアズラック側のツテでギンが来るのか(年齢や強さの観点からだとギンの方が有力か)?


……盛大に横道へ逸れましたが、BBBの感想に入ります。

●BAMBOO BLADE B 第12話「男と過去」

もう一年経ったのかこの漫画。時すぎるの超速ぇ。

前回、驚異のユウ無双にて勝利を飾った飛鈴中女子剣道部。
さっそく餌付けしようとしている杉が印象的ですが、ちらりと映ったサリの物憂げな表情は何を意味するのか。 やっぱりこいつらも本心では仲良くしたいと思ってるのかなぁ。

一方男子はあからさまなアウェー判定に負け、佐々木に至ってはキャラデザまで変わってしまいました。
ちっちゃくなっちゃった、って誰も物理的に疑問に思わないのだろうかw

あまりの事態に憤慨するレンジですが、持田先生のテンションは相変わらず低いまま。
そして持田が「死なせかけた」のは指導時代でなく学生の頃の話と判明。っつーことはこれ以後ずっと単独で練習だけして剣名を得ているのかなぁ。


後日、部活に復帰したものの、すぐにまた貧血を起こすジン。
彼のあまりに軽い体から持田は何かを感じたようですが…? やはり何か病気持ちなのか。はてさて。
スポンサーサイト
[2009/12/15 06:37 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ずっと忘れてた | ホーム | Waltz tempo3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。