スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Waltz tempo3
「首折り男の周辺」
結局原作読んでませんが、どうも読んでた方がニヤリと出来そうな気がしてきたなぁ。
「ストーリーセラー」探してみようかしら。

苺原稔
学校でいじめられ、自殺願望に支配されている高校生。
元々はおだやかな性格だったようですが、プレッシャーに弱いのか居酒屋「天々」(伊坂作品でよく出てくる居酒屋、「魔王」にも登場)のバイトもうまくいきません。

大藪
「首折り男」。何者かの依頼である女性を殺した殺し屋。
人の首を捻じるという恐ろしい技とは裏腹に、通りがかりの人を助けるなど善人としての評判も高い奇妙な男です。
行方をくらませているのは、蝉のターゲットにされたためなのか?

蝉への依頼もどう考えても変な話です。
報酬の高さもさることながら、妻を殺された敵討ちのはずなのに依頼者じゃなくて実行犯を狙う意味がわかりません。

女性を殺したのは首折り男の意思なのか?
それとも「グラスホッパー」の梶議員のように自分で依頼しておきながら隠蔽を図っているのか?


どちらにせよ、蝉はあまり深く悩んだりしない奴なのですぐにターゲットの所に向かうことでしょう。
代役にされてしまった苺原の運命やいかに。 …まさかニ重人格オチとかないよね?


あと今月は巻末漫画に大須賀先生が登場していました。
マユなし半纏小動物な女流漫画家(ただし相当なS)。いつだかの名古屋での目撃情報となんら変わってねーw 嬉々として毎日殺人シーンとか考えてんだろうなぁ。
スポンサーサイト
[2009/12/14 06:32 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<BAMBOO BLADE B 第12話「男と過去」 | ホーム | マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第15話「ミトとレオドリス」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。