スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
黒執事 第9話「その執事、幻像」 第10話「その執事、氷上」感想
1週間放置した上に、さらに3日も遅れて更新と言うグダグダっぷりです。
需要なんて知るかー、書きたくなったらその日に書くよー。 なんてダメなブログなんだい。

アニメ黒執事。しばし原作にはないオリジナル展開が続きます。正直、本編ほどの盛り上がりは見込めませんが、世界観を崩さぬようスタッフが最善の努力を為した痕跡が見られるので面白いです。
●第9話「その執事、幻像」

セバスチャンの写真を撮ろう!で丸々1回潰したお話。
藤田和日郎「黒博物館スプリンガルド」でもやってましたけど、 カメラ → 写真 が誕生したのはこの時代なんですよね。
話の都合上、露光に10秒かかると言っていますが、実際には1~2分掛かったと聞いた気がします(うろ覚えです。詳しい方がいらっしゃったらお教え戴けると嬉しいです)。

今更ですが、コレはいいおヒョイさんのムダ遣い。

shitsuji09.jpg

何気に声優が豪華な「黒執事」ですが、中でも圧巻なのが タナカさん : 藤村俊二 でしょう。
しかし…普段は殆どセリフないんだよなぁ。 個人的にリアルタナカさんは好きなので、また登場してもらいたい所。

あと、相変わらず魔犬の存在意義がさっぱり分かりません。どっちの姿でも怪獣だわ全裸だわで扱いに困るキャラだと思うんですが、一体コイツを屋敷メンバーに加えた意図はなんだったのか?

●第10話「その執事、氷上」
テムズ川の氷上マーケット「フロスト・フェア」。調べてみたら本当にあってビックリしました。今の季節と合わせてこのイベントを持ってきたのでしょうね。

shitsuji10a.jpg


想像以上のクオリティを魅せるアバーライン警部補。なんか今月の「エンバーミング」にも同じ名前が出てたなぁとか思ったら、実在の人物なんですね、彼。 そうかー、ジョニー・デップだったのかー、そりゃ凄いわけだ。

まさかのドルイット子爵が再登場。
…いいのか? いや、あの口上が音声化したのは嬉しいんだけど、彼ってカレー編で半ば出オチを担当するのにココで出ちゃっていいのかなぁと思ったり。

雪祭り(厳密には氷像コンテストだけど)とアイススケートが出てくるのはまさに予想通り。
しかし、そのベタを喜ぶのがいいと思います。お約束、お約束。

ノアの箱舟、丁度原作の連載が同じ名前のサーカス団に潜入する話をやっていますが、コレはその伏線なのか? それとも、アニメがそこまで行かないからネタをちょこちょこ拾って原作ファンをニヤリとさせるためだけの演出なのか。
うーん、カレー編とか個人的にはやってほしいんだけどなー。 アグニは浪川大輔を希望。
スポンサーサイト
[2008/12/08 23:08 ] | アニメ | コメント(0) | トラックバック(1)
<<バトルスピリッツ 少年突破バシン | ホーム | BAMBOO BLADE 第84話 寺本とウラの異次元世界>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(アニメ感想) 黒執事 第10話 「その執事、氷上」
黒執事 I 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 凍ったテムズ河で開かれている氷上マーケットを訪れたシエルとセバスチャン。偶然出逢ったアバーラインから、非常に価値のあるブルーダイヤを追っていることを聞き、ダイヤ探しに付き合うことうことにする。一方、
[2008/12/10 11:51] | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。