スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE 第102話「ウラとウメ②」
書くのが大変遅くなってスミマセン。
っつーか感想書きづらいわ今回。

●BAMBOO BLADE 第102話「ウラとウメ②」

川添タマキ、敗れる―

(いまだ明言はありませんが)アイドル・沢宮エリナこと元剣道小町・山田梅子。曲がりなりにも元全国2位のツワモノであり、榊ウラに次ぐ実力を持った剣士です。
いくらタマキが負け知らずの怪物といえど、全国にはまだまだ見知らぬ猛者が立ちはだかっているのです。何と言うか、王道スポ根のプロットですねコレ。

宿命の鎖を、解き放て(ウェイク、アッープ!) cv:杉田智和
タマキが破った"鎖"のイメージが何を意味するのか今の所不明ですが、疲労か、無意識に抑えていた闘争本能か、あたりが妥当かなぁ。 まさか隠された特殊能力があるとかファンタジーな方向には行かないよね?

本編まるまる タマキ vs エリナ の剣戟に費やされた贅沢な回でした。
いつだかの ジル vs プリセラ みたいな感じですね。

松本アナを発見しておきながら、二人の戦いに何か感じえたのか歩みを変えた榊。
顔を見ずとも相手が誰だか理解できているあたり、常人離れした感覚が伺えます。 あと、みるかさんはやっぱり足止めにもなりませんでした。

そしてラスト、双龍ついに合見える。なんだかもう一波乱起きそうな引きで次回へつづく。
スポンサーサイト
[2009/11/25 06:12 ] | BAMBOO BLADE | コメント(0) | トラックバック(0)
<<よく寝た | ホーム | 少年突破バシンMAD>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。