スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE 第84話 寺本とウラの異次元世界
なんだかパソコンと向き合って、ライドウやってるだけで土日が終わっちゃいましたよー。
さっさとやる事やってから挑戦してれば良かったですね。

とにかく、ついに本性を曝け出した最強の敵・榊ウラの暴走を拝むとしましょう。

●第84話 寺本とウラの異次元空間

…3回目にもなると流石にもう慣れましたね。
最愛の兄・和弘と剣を交えるブラックデュランこと良幸。しかし、兄を前にして戦いの意思は薄れ、兄に斬られる事を望み剣を手放します。
「本当は、戦いたくなんてなかった―」 それが彼の最後の言葉になりました。

最終決戦で敗れ去る主人公、特撮番組の展開としては異例と言えましょう。 …いや、今更どうでもいい事ですけど。

そして、それこそがウラが剣を捨てた理由でした。
…ってオォォォーイ!!実際にあった事じゃないのかよ!
初対面のアイドル相手に、「運命の出会いを果たした」だの「コンサートで私を見つめてくれた」だの「彼とは心で繋がっている」だの、ヤンデレと言うかコレはただのストーカーです! 嗚呼、なんだかレイミが可愛く見えて来ました。

今にして思えば、那智さんもツッコんでらした彼女のゴスロリ入ってるファッションセンスも、このキャラあってのものだったんでしょうね。 いやぁ、確かにこういう人ってこんな服着てそうだわ。

思い出、崩壊。
ちょっと寡黙だけど、剣の道一筋に育ってきた愛娘。それがトンデモ危険な人物に育ってしまい、衝撃を隠せない親父2名。
悪くない、あんた等2人は強引な所はあったけど全然悪くなかったよ!
もうこの後の展開は タキジュンがタマとTV番組で接点を持つ → ウラ暴走 しか思いつきませんやね。でも予想通りだったとしても、ブッ壊れる彼女を想像するだけで面白いので先が楽しみです。

…しかも、こんな所で次号は休載。今年はウラ側の話だけで終ってしまうのですね。
そういや、この漫画の主人公って誰でしたっけ?(10月頭くらいから室江一同にはまともに出番がない)
スポンサーサイト
[2008/12/07 23:01 ] | BAMBOO BLADE | コメント(0) | トラックバック(0)
<<黒執事 第9話「その執事、幻像」 第10話「その執事、氷上」感想 | ホーム | オリジナルDVDの作り方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。