スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE 第100話「タマキとブラックねこ」

土日にちょっと富士まで行っていました。寝不足気味だったので昨日は帰ったらぐったりでした。ってなわけで記事投稿が遅れてすみません。
疲れがあるときはさっさと寝ないと本当に体がもちませんもので。

●BAMBOO BLADE 第100話「タマキとブラックねこ」

祝・連載100回!というわけでセンターカラーです。
気のせいかもしれませんが、あぐり女史色塗り方変えた?
どことなく色使いが渋めで、線が濃く全体的に力強い筆致になっています。個人的には前のぽわぽわした色よりこっちの方がいいかも。
あとエリナってかなり明るい茶髪なのね。遠目に見るとヤマンバ風なのかも知れません。

さて本編。今回は久々に中々の密度があり、読み応えがありました。

右田ハルオを打ち倒したタマキに触発されてか、颯爽と立ち上がったのは東。
そのまま部内No.1とNo.2の互角(?)稽古開始です。なんかもうTVの収録と言うより練習を見学させてるみたいなノリになっています。

想定以上のレベルを見せる両名に、混乱する現場。
大江さんのスマイルが個人的にヒットですw なにこれきもい

今回は、おっさん連中が若者を見て自分の失ったものを自覚するお話のようです。
さわやか展開ではありますが、ある意味「おっさんたちの成長譚です」に相応しい回なんだなぁ。

エリナ覚醒。
新しい自分に挑戦できる少女を目の当たりにし、自分をパターン化してしまったことを嘆く大江さんと並んで、彼女もまた仕事のために己を固めた者。どちらかというと少女達よりもおっさん側に近い立場なんですよね。
芸能人としての姿からは想像付かぬ、裂帛の気。タマキも対応しきれぬ神速の打ち込み。
今の彼女は「沢宮エリナ」にあらず、その名は剣道小町―…
次回へつづく。

と、言う訳でさんざん謎を引っ張ったエリナの正体は剣道小町の一員で確定のようです。
さんざん予想されているように、関西の山田さんである可能性が濃厚ではありますが、ここでもし全然違う人だったら面白いなぁ。


しかし、正体隠しモノは事前に感づいてしまうと予想が当たっても衝撃が小さくなってしまうのが難点ですよね。最近「アヒルと鴨のコインロッカー」を読んだんですが、先に読者の感想を見てしまっていたので謎(ネタバレなので伏せておきます)の一部に早々に気付き、ラストにちょっとガッカリしてしまったので、ふとそう思いました。
スポンサーサイト
[2009/10/20 05:20 ] | BAMBOO BLADE | コメント(2) | トラックバック(0)
<<お休み中 | ホーム | BAMBOO BLADE B 第10話「ユウと土曜日の笹森道場」>>
コメント
残りの剣道小町はBBBで出すって言っちゃてますから山田しかいないでしょう。
何というか土塚先生もあんま隠す気がないですよね。
剣道小町の話が出る前から登場し泣くシーンまで描かれた「山田」にスポットが当たってない。
エリナがやたら剣道を嫌がり、またウラの話に反応する。
タマの行動に意味深な態度をとる。
本気で隠す気ならマリーやチョーみたいにするでしょう。

12巻収録はどこまでになるのか。
手元に最近のヤンガンしかないので分かりませんが前回までですかね。
[2009/10/20 22:58]| URL | 坂間家 #- [ 編集 ]
いつも7話掲載なのでたぶん前回まででしょう。穴埋めにアンドーブレードが入ったりするかも。

正体隠しは、もしかして以前のパターンでは着いていけなかった読者がいたりしたので分かりやすくしたのかも…
いや、脳内補完が激しすぎますね。なんだか最近BBを自力で整合せずには読みづらくなってきました。
面白くなってきたとは思うんですけどね。
[2009/10/24 10:39]| URL | 馬茶 #mA3SaVTA [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。