スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第12話「ベルジと入学試験」
さてゼロクロイツ。
今月と来月は本誌にいますが、再来月からオンラインへ移籍が決定してしまった本作。

いやー、普通に面白いと思うんだけどなー とか思いましたが、ハレグゥが終わったり甲子園と獣神が終わりそうだったり、そういや鋼もネルガルも終盤なんだっけで、単に雑誌の改変期に巻き込まれたと言えなくもないのかも知れません。うーん、打ち切られなかっただけ上等なのかも。

それにしても今月の新連載と言い、こないだ始まったブラッディクロスとテンペストと言い、ディストピア系中二世界マンガ増えすぎ(ある意味ゼロクロもヒーローマンもそうだけど)。 確かにスクエニの得意分野なんだろうけど、ちょっとバリエーションが貧弱になってる気が。


●マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第12話「ベルジと入学試験」

話が逸れましたが、今月から新展開。前からちょっとずつ言及していた"学校"編です。

・魔法陣
施設の名前は「マジェンガ魔法陣」あからさまにメモリア魔法陣の原型ですね。よく見ると敷地の外枠に5本、内側に2本で計7本の大柱があり「虹」もしくは「命七乱月」を連想させますね。

・嫌な予感しかしない
人類の敵である虹、実は既に2体が退治済み。
その戦いでミト様の父と兄が亡くなられているようです。ってことはミト様はアインスの3代目融合者なのか、もしくはヌルに兄が乗っていたのか。どっちにせよ「クロイツは乗り換え(乗せ換え)可能」とわかりました。シュウガやクリムがクロイツに乗るってのも十分にありえる話なのね。

ミト様と普っっ通にデートしてるベルジ。クレープを間接キス付きで食わされているのにノーリアクションなので、前回とはまた別の日であると思われます。当たり前のようにバカップルしてんじゃねーよ!

・マルキス様参上!
やっぱり半年の間にダイエット成功してたマルキス様。なんかイケメンになっています!
魔法陣の解説をするお姉さん。ミト様のお付きとは別人かな?たぶん先生なんでしょうけど、あまりに目が笑ってません。怖いよこの人。

・予選会開始
キマイラとか作っちゃう生物研究所。やっぱこの国もまともじゃねぇ。
絶対人体実験とかやってるよね(アップル博士から言質はとれてるけど)。それにしても、キメラ作りで「神に背いた」とか言うとハガレンを連想するなぁ。ありきたりな言い回しなのになんでだろ。

そしてお姉さんより明らかに怖い人。視線で猛獣を従えるは主人公ベルジ。
クロイツと融合した影響なのか、それとも元々こうなのか?
さて、当のキマイラと遭遇したシュウガ。わざわざ見開きまで使ったけど、果たしてこいつをどう使うのか?っつーか普通にクロイツ並みにでかくない?
スポンサーサイト
[2009/09/13 08:04 ] | マテリアル・パズル | コメント(6) | トラックバック(0)
<<近況報告 | ホーム | BAMBOO BLADE B 第9話「ユウと男の子」>>
コメント
生物は神様が作るものだから人が勝手に作ることは神に背くって話は宗教にありますからありきたりではありますよね。
まあマテパの世界では人が作ったパンもキマイラも本質的には恐らく大地と同じですし、神に背くほどのものではないでしょう。
というかキマイラよりも魔法の方がよっぽど神に背いてますよね。新しいもの作ってるので。
[2009/09/13 12:29]| URL | 坂間家 #- [ 編集 ]
>坂間家様
個人的には「神」って言い方がなんか違うような気がするんですよね。
そこは「大地」って言うべきだろうって感じたもので。

なんとなくですが、土塚ワールド的には神様とか抽象的で絶対的なものじゃなく、土地とか海とか生活に密着しているものが崇拝対象になっているイメージがあるんです。
[2009/09/15 06:55]| URL | 馬茶 #- [ 編集 ]
コメントさせてもらうのは初ですかね。いつも読ませていただいてます。

学校の入学試験とか言われると女王騎士団を思い出して伝説の最終回やらないか心配になったりしてます(笑)
移籍には「一つの雑誌に同じ人の作品を固めすぎるのはどうか?」という意見もあったらしいとの噂です。
[2009/09/16 00:01]| URL | Jiwang #En4bBnk. [ 編集 ]
>Jiwang様

こちらこそはじめまして。今後ともよろしくご愛顧の程を。

同じ人が3本も連載持ってるって状況、土塚先生以外に聞いた事ありませんからね。
ONLINEに力を入れるって話(本当かどうか分かりませんが)なら、冷静に考えて割と妥当な判断なのかもしれませんね。
[2009/09/18 06:46]| URL | 馬茶 #- [ 編集 ]
ゼロクロはマテパ本編と比べて、卑怯者(を描く描写)が多いですよね。ちなみに卑怯者といっても、

正々堂々と卑怯な某番長
ゲス野郎であることを隠そうとももしない黒幕

等のことでは無論なく、
責任を他人に押し付ける日和見な大人とか、
ライバルを「ともに世界の危機に立ち向かう仲間」でなく邪魔者としか考えず足を引っ張る連中
とかのよくいる輩のことです。
マテパ本編は主人公の周りはいい人ばかりだったのに・・・
ゼロクロが滅んだ世界を描いている関係でしょうか
[2009/10/03 21:40]| URL | 八山芸震 #ww1eljsI [ 編集 ]
>八山芸震様

秋山優さんですね、わかります。

マテパに限らず、基本土塚先生のマンガは大半が善人キャラである事が多いため、確かにゼロクロの暗黒キャラの多さは気になります。
しかし、僕にはそれが決して悪い事ではないと感じます。

予想ですが、ゼロクロは巨大スケールの戦闘、無機質極まりない敵、バッドエンド(少なくとも文明滅亡は決定事項)など今まで扱った事のないジャンルに飛び込んだ意欲作なのだと思われます。
その一環として、暗黒面を味方側に持たせる手法に挑戦しているのではないでしょうか。というか、そのために敵を機械にしてしまったのではないでしょうか。

読んでてまったり心地よい話ばかりでなく、ちょっと不安定で薄暗い話を表現したいのかも知れませんね。

…ただ、これが読者の需要を充たせているのかが不明なのです(僕は喜んでますが)が。あとコレ、どう考えても青年誌で描くマンガの手法だよね。
[2009/10/07 17:32]| URL | 馬茶 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。