スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ちょっとした報告
疲れてます。
まぁそれはおいといて、パソコンの修理も無料で済みましたし、ネット支払いも解決。新車(クロスバイクだけど)の扱いにも慣れて来ました。

祖父の死という予想外の出来事はありましたが、どうにかゴタゴタ起きる前の日常が戻ってきているように感じます。
そんなこんなで色々あったため、すっかりヤングガンガンを読んでいない事に気付きました。今日近所の本屋やコンビニ回って来たけど全然置いてないや。どうしよう。


以下、長い事放置してしまったweb拍手等返信いたします↓


8月12日
>ベルジに見せた映像はミト様の記憶でしょうから精神攻撃する為にはミト様に凄い過去がないと無理そうです


ゼロクロイツの話題。
ミト様のあの能力については何の説明もなかったのに、なんか納得してしまう勢いがありましたねー。

個人的には記憶だけじゃなく色んなイメージを伝送できたらカッコイイと思います。


8月14日
>魔法陣はチョーの隠し方も良いですが、ミカゼのお面外しも良いと思います。
>ミカゼが面を外して魔法を無効化するのは「顔を映す魔法、お面を被っている」という情報を認識していれば10人中10人が予想出来るのに、当時予想出来た人はあまりいませんでした。
>これは十何巻お面を被せミカゼはお面があるのが当然というイメージを読者に植え付けたからでしょう。
>それにしてもはじめはギャグだったお面がこんな燃え展開を生み出すとは…


揚げ足取りみたいで申し訳ありませんが、"お面が外れる"という予想は結構当時言われてたので、そこまで意外ではありませんでした。
しかし、そこからシシメ師匠の自己犠牲(あの獣がそこまでの情けを持つに至るとは…)、ミカゼの復活がとてつもなく熱く、MP上最高潮のテンションに導かれたのは事実。
予想を裏切らずとも、最高に燃えさせてくれたので決勝戦は今でも大好きなシーンのひとつです。

裏をかく事を徹底しながらも、そのままでいいときは勢いのまま突っ切れるのも土塚マンガの魅力なのかもしれませんね。


8月17日 グスタフ様
>突然ですが土塚先生の連載が多くなるたびに、話の質が落ちてるというのは本当なんでしょうか。
某所の掲示板で見かけたので少し気になりまして…。


そのお話、僕も耳にしてはいます。
ですが個人的意見を申しますと、全くもって質の低下など起きていないと思っています。

BBBとゼロクロイツは共に新連載(っつても半年以上経ってるんですが)で方向性が掴めていない読者が多く、BB本編が本筋を見失っている(これに関しては同意見です。正直面白みが足りない)ため四分の三が「面白くない」と思っている人がそう書いたのでしょう。

しかし、BBBは本編BBが大詰めに入ってしまったため出来なくなった当初路線の”まったり部活青春モノ”、ゼロクロイツはMPとは一味違った”終末感とダーク風味漂うファンタジー”として高い完成度を持っており、クオリティの低下など起こっていないと僕は思います。


まぁ清杉はいつもどおりなので言う事がなく、BBがちょっとつまらないのはその通りなので、特にBBを楽しみにしていた人には残念な事になっている点は否めないでしょう。
スポンサーサイト
[2009/08/26 23:00 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<新作MADできました | ホーム | お葬式行ってました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。