スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
今週の『魔王』
金剛番長の荒殴零猛怒マジハンパねぇ!(挨拶)

一日遅れな上、果たして需要があるのかどうかも分からないけれど、書きたくなったんだから仕方ない。
今週の少年サンデーより『魔王』の感想です。


<あらすじ>
紆余曲折すらする事無く、「押し屋」こと槿の家に辿り着いた潤也。
そこは可愛い息子ふたりと、綺麗な奥さんのいるあたたかな家庭でした。孝次郎かわいいよ孝次郎。

(おそらく)気配を消せる彼を追い掛け回せた様子から、潤也に何らかの「能力」があると考える槿。どうやらここで原作通りの「10分の1の能力」に気付く展開みたい。

そして可哀相なのは島くん。潤也とグルになってマスターを殺したと思われているようで、爪剥がしの拷問を受けています。うわぁ、絶対痛い上に情報持ってないんだから解放されるはずもないしマジ可哀相。
あと、和服の女と拷問屋は「令嬢(フロイライン)」の社員と判明。やっぱ女は比与子みたいですね。

…潤也の狂気を追うと言うよりも、探偵モノみたいな雰囲気になって来たなぁ。
そして、最早登場キャラもストーリーも8割方『グラスホッパー』です。「鈴木」は槿の家庭を見て躊躇したのに、潤也と来たら人前(子供もいるのに)で「俺が殺すつもりだった!」だもんなぁ。嫌な若者だ。 
今や潤也と島くんで「鈴木」役を分担している状態ですが、島くんはどうなるのかなー。原作(グラスホッパーの方)では蝉が助けに来てくれたけど、 蝉→潤也 は繋がっても 蝉→島 はないですから、もしかしたら助からないかも?
「猫田市は戦場になる」と言う言葉といい、マスターを殺されて犬養が何もしないハズはありませんし、単にストーリーの転換だけに留まる事はなさそうです。

 原作付きなのに、どう展開するかさっぱり読めないこの漫画、実に楽しみです。
スポンサーサイト
[2008/12/04 23:14 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<オリジナルDVDの作り方 | ホーム | 貧弱、貧弱ゥ!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。