スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE B 第46話「ヒメとリボン」

休みの日ってスゴイよ!
だって1日中ゴロゴロしてても文句言われないんだよ!!

仕事が肉体労働なもんで、超時間眠れるだけで大分違います。いいなぁ、休みって本当にいいなぁ。

漫画喫茶で読んだ『アバンチュリエ』4巻が面白いです。ルパンはむしろ出て来ないで、警察や金持ち連中がギャーギャー言ってるシーンの方が楽しいなぁ。やっぱり怪盗には神秘性が重要ですね。
でもなんでどこの本屋でも売ってないんだろう?ちなみに3巻は探し回った末に秋葉原で見付けました。


●BAMBOO BLADE B 第46話「ヒメとリボン」

…どっかの少女マンガみたいなタイトルだなぁ。
あとなんか、今回まるで最終回間際みたいなテンションじゃないですか?
まさかハルポリに続いて打ち切りなんて事も…。やだなぁ、結構本気で真面目系スポーツ漫画としてアニメ化とか期待してたのに。

ボクっ娘で正義厨の彼女が、なんであんなデカいリボン付けてるのかと思ったら、罰ゲームでした。
キャラ付けじゃなかったのか…

メイド服やら大きなリボンやら、いわゆる漫画的な記号を「恥ずかしい物」として扱うなんて、漫画にしては珍しいやり方ですよね。

オランウータンゴリラと化したユウ vs 正義直進猪突猛進ヒメ。
延長戦の終幕は、力と力、勢いと勢いの正面衝突!!
…女の子の扱いじゃないなぁ。今に始まった事じゃないけど。

ド真っ直ぐな力比べを制したのはユウ。見事、雪辱を果たしました。
悔いの残る勝利から、清々しき敗北へ。ヒメの中でも一応の決着はついたようです。


続いての相手は剣道小町・柳沼粋恋。
不思議だ。動き始めると急に魅力的に感じる土塚キャラの法則。あのナルシズム全開な小娘が面白いヤツに見えて来ました。むしろ自分の信念を貫いているようにすら思える。マジで不思議。

ここまで、男子顔負けの「力」押しで勝ち進んで来たユウに、柳沼の手は「避け」。
おそらくパワーやスピードでは分があるでしょうが、「巧さ」に関しては不足の目立つユウにとって、これほど嫌な相手はありません。
柔よく剛を制す。武道の真髄のひとつではありますが、それを本当に出来る相手にどう戦うのか?
ユウの反撃が気になる次回に続く。
スポンサーサイト
[2012/09/19 09:33 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
VANILLA FICTION Chapter:02

めぐたん、フルスロットル!!!(挨拶)


ヤバいです。バニラフィクション、まだ2回ですが超面白い。

よく漫画には"スロースターター"とか、"○巻まで耐えろ"みたいに序盤が苦しいものがありますが、こと大須賀めぐみに関しては超ホットスターターだと言えましょう。

前にも書いたけど、ホントに伊坂原作は入ってないの?
序盤の序盤から壮絶!衝撃!急展開まっしぐらです!!


●VANILLA FICTION Chapter:02

どうやら、この物語は「運命」が根幹に流れるようです。
ある場所で二人がクッキーを食べる。それが世界を救う役割のようです。
…なんか『オーデュボンの祈り』で似た話をやっていたなぁ。もしかしたら、佐藤先生以外にも何らかの役割を与えられた人がいるのかも。

そうなると、当然の疑問として「あの太宰治(仮)は、なぜ運命を知っているのか?」が浮かびます。
『オーデュボン』では優午が予知能力を持っていたから、でしたが。まさか太宰(仮)も同じ?


そして衝撃のヒキ。
太宰治(仮)、いきなり死亡!!
しかも殺害犯は佐藤? …一体、何がどうしてこうなった!!?

何はともあれ、殺人を犯した事で警察も頼れず、
逃亡せざるを得なくなった佐藤。ここから本格的な旅が始まりそうです。
色々と目が離せません!待て次回。
[2012/09/16 06:54 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
【Jupiter】女々しくて×Life is SHOW TIME

土曜深夜に起きたので、謎テンションでMAD作ったよ。
なんだか日曜朝までに作らなきゃいけない気がしてたんだ。



『仮面ライダーウィザード』OP曲のサビが『女々しくて』っぽいらしいから
特徴的なあの振り付けを合わせてみたってだけです。

それにしても、ニコニコでウィザード流行りすぎですw
僕のこの一発ネタもすぐに埋もれてしまいそうだなぁ。


自分でも超クダラナイと思ったダジャレを自分で解説するって辛いな、サム…
動画最後に「SHOW TIME!!」で"翔太"が大写しになる、と言うダジャレを入れたんですが、
ここまで誰も突っ込んでくれないんですよね。

もう少し経ったら自分でコメント入れるべきなのかなぁ。
[2012/09/11 04:21 ] | 動画 | コメント(0) | トラックバック(0)
ハルポリッシュ 第16話「四季ノ森と海ノ木」、第17話「天才と天性」

さて、1日遅れましたがハルポリッシュです。
16話の段階だと全然いつも通りなのに、本当にいきなり打ち切りモードになったからビックリですよ。
まぁ確かに、何がしたいかよく分からん漫画だったのは間違いないです。

今更だけど、最初から居合の試合で始まればよかったのに。
正直一番興味を引くのは「居合ってどうやるの?」って部分だろうしなぁ。


●ハルポリッシュ 第16話「四季ノ森と海ノ木」

ひとことあらすじ「メンチビーム発射!!

海ノ木最後の一人は林田コータ。
予想通り男と思わせて女……かと思ったら、男の娘だよ!

オカマ野郎ならMPでコルクマリーがいましたが、これはまた別タイプですね。
土塚先生なら描けない類のキャラクターだ。

それにしても、海ノ木チームは想像以上にフザケた集団でした。
なんかオバちゃんのファンサークルみたいね。内輪で盛り上がってキャアキャアして満足してる感じ。凄味よりもガッカリ感が勝っちゃうのはBBの町戸が初めて描かれた時に似てますやね。


遠山紗久羅。
まぁ由来は間違いなく遠山金四郎ですね。桜吹雪だし。
ヘタレキャラを予想してましたが、思った以上に自惚れの強い天才キャラ。榊ウラが色々失敗したらこうなるのかな。

さて試合です。
並んで演武して、その差を審査員が見極めるという体操競技にも似た印象。
わかっちゃいたけど、画面的に地味ねコレ。だから今までさんざん「イメージの相手」とか「殺気が見える」とかのシャドー表現を多用していたのかも。

先鋒、次鋒ともに実力で勝る側がそれぞれ遠山ビームと拝ビームを受けて委縮、
そして敗退という可哀想なパターン。そのまま中堅戦へ。


●ハルポリッシュ 第17話「天才と天性」

中堅戦、海ノ木のメガネさんこと早乙女。
予想を上回るズコーな連中ぶりに拍車が掛かっています。真剣使いが多いのは実力があるからじゃなくて、単に「金持ちだから」ってアピールだったのね。…酷い話だ。

副将戦、シュン vs 林田コータ。
共に元々自信のない初心者同士。しかし、強くなりたいと行動した者と流された者との差か。色んな意味で順当にシュンの勝利。
…にしても、可愛がられてるって、そう言う事かよ!
ああ、なんかこの辺すごくBBであった感じ。選手である前にただの学生、ひいてはちっぽけな人間なんだって、コミカルだけどちょっと嫌な感じに見せられる的な。

大将戦、ハル vs 遠山。
次元の違う戦い。ああ、本当はこんな「人によって全然違うイメージ」のぶつけ合いとかしたかったんだろうなぁ。
他者を圧倒して上に立ちたいと願う者に対し、最早ひとりで完全に世界を作れる者。
なんつーか固有結界って最強ね。

そんなこんなで、駆け足ではありましたがハルの天性を見せ付け、相手側の変化も描いて練習試合編は完。

って言うか、一気に一年近くも時間が過ぎて、どう見ても次回で最終回です。
本当にありがとうございました。
[2012/09/07 22:30 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
BAMBOO BLADE B 第45話「ユウとヒメ」

今頃ですが、その2。

BBBは安定した面白さがあります。
熱血王道部活漫画、いいよね。

今となっては「バンブーブレード」と言う看板が邪魔に思えて来るほどです。本当にコレ単品でアニメ化とかしてくれないかなぁ。

●BAMBOO BLADE B 第45話「ユウとヒメ」

前回の同門対決、勝者はジン。
前にも書いた気がしますが、この差は常にレンジに遠慮をしていた負い目から来たものでしょうか。
「自分の本当の実力を見て欲しい」。レンジへの感謝も相まって、そんな気持ちこそがジンにのみあったものなのでしょう。
あと、当然ながらジンは今度こそ本当に体力が尽き果て、次戦で敗退。
どうやら佐藤は次の大会でのボス敵のようです。

さて本題、リベンジマッチとなった ユウ vs ヒメ。
ユウの得手は周知の通り「体」。パワーとスピード、多少の経験不足をも捻じ伏せる力持ちです。
『MP』のジール・ボーイと同じタイプやね。

対してヒメは何気に「技」に長けた剣士です。
変幻自在に間合いを操り、相手の力を出させない。ユウにとって非常に相性の悪い相手と言えましょう。


その相性を以って、一本先取はヒメ。
そしてヒメの取った次手は"待ち"。不利な相手に敢えて主導権を握らせ、焦らせる。
『ハチワンダイバー』でも似た話があったなぁ。詰みがあるかどうかを相手に読ませる、ってヤツ。


読み合い。

猿叫に合わせて飛び込む、と見せかけたユウに釣られたヒメは思わず飛び込み――

ユウの間合いに入ったと思いきや、なんとバックステップで逃げるヒメ。間合いから外れた攻撃は空振りする。そうなればヒメの攻撃が入る――

と思いきや、奥の手(か、偶然か)の片手技がヒメにヒット!それ自体は有効打でないものの、ダメージの隙を突いての面あり!!

逆転に次ぐ逆転。
何回も書いた気がして仕方ないですが、この流れの迫力は見事の一言。スゲェんだよなぁ、土塚先生の作劇って。

これで一本と一本。
おそらくは延長戦で決着になるでしょう。待て次号。

[2012/09/06 23:03 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
VANILLA FICTION Chapter:01

6日(月刊チャンピオン発売日)だからハルポリの感想だと思った?

残念、ゲッサンでした!


…なんで今更、って感じですが。ぶっちゃけ書くタイミングを逃しまくっただけです。ごめんなさい。

それにしても、某掲示板がお通夜状態になっていますように、
ハルポリッシュ、どうやら打ち切りが決定したようです。
今月号の様子からすると、まぁ次回で最終回でしょうね。

一体何が悪かったのか。
やっぱアレか、雑誌カラーに合わせて、もっと不良が大暴れするような展開じゃなきゃいけなかったのか。 …って、それを土塚マンガでやると、全部が清村になるんじゃね?
……本音を言うと、ぶっちゃけ導入の呪い刀が長すぎたんじゃないかと。

まぁ、ハルポリの件はまた今度で。


●VANILLA FICTION Chapter:01


もうWaltz最終回から半年も経ってたのかよ!
ドラマCDとかあったお陰で、あんまり時間を感じませんでした。

それはともかく、ヒャッホー!めぐたんだー!巻頭カラーだ!待ってたぜーー!!
…って、やっぱテンション上がりましたね。この人の漫画、本当に吸引力スゴイです。


さて本編。いきなりヤられました。
一言で感想を言うなら、「すげー伊坂小説っぽい」でした。
文字が力を持ち、読者を鮮やかに騙し、きっちりと見せ場で惹き付ける。
正直、めぐたんは充分に伊坂パワーを継承していると思います。やっぱこの人スゲエ。


「どう考えても、バッドエンドにしかならない」とは、この物語ではなく主人公:佐藤忍の思考特性を書いたものでした。
彼はベストセラー連発の人気小説家。モデルはやっぱり、伊坂幸太郎本人でしょうか?
『モダンタイムス』の井坂好太郎は"いけ好かない女たらし"でしたが、よりネガティブに本人を表現するとこうなるのかも。

指パッチンをしながら展開を考える癖があるようですが、コレが既に安藤の「口を押さえる」同様に決めポーズとしての役割が完成しています。
普通、第一話でいきなり「あ!コレが決めシーンだ!!」なんて分かるもんでしょうか?
何度も言うけど、この時点でめぐたんの力量がハンパないのが伝わります。

「虫食いの穴が世界を救う」
佐藤の小説と同じ展開をする現実。
汚れた少女の結婚指輪、どうやらコレを付けられた人間が彼女を守るよう奔走する運命になるようです。 …そうなると、あの軽そうな青年は少女とどんな関係なのでしょうか?


あまりにも情報が断片的ですが、これだけで興味を掻き立てるには十分すぎます!
この時点で注目必至間違いなし、と判断します。
ああ、本当に次回が楽しみだ。
[2012/09/06 22:42 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。