スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
読んだもの、6/26

急に、アメコミが読みたくなったので(挨拶)。


なんかいきなり色々読みたくなる時があるのです。最近特に突然仕事中とかに浮かんで来たりして、ふと気が付くと1万円以上も本を買ってたりするのですよ。家計簿を見ると、どうも僕の余計な出費は主に本代のようです。

んで、買ったのはコレ。高いし厚いしなので本棚のどこに入れるか非常に難儀しました。

DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)
(2009/09/01)
フランク・ミラー

商品詳細を見る



WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)
(2009/02/28)
アラン・ムーア

商品詳細を見る



アメコミの中でも最高傑作の部類に入る名著、だそうです。
っていうか僕今まで一度もアメコミ読んだ事ないからまるっきり分からないんだけど。
さらに映画も全然観てないんだけど、ライムスター宇多丸のザ・シネマハスラー(ラジオ番組、熱意の高い映画批評がすごく楽しい)を通勤中に聴いていたら原作本を読みたくなったのね。

で、読みましたバットマン。
ウォッチメンはもっと「濃い」ので今回はダークナイトだけ書きますけど。

バットマンって、結構ダーティファイターなのね。
犯罪者と見るや容赦なくボコボコにぶん殴る。メッタメタに殴る。うん、正直言ってかなり怖い。なんで殺さないのか不思議なくらい。

シネマハスラーではバットマンが何故あんな蝙蝠の格好をしているのかに「ゴッサムシティ(バットマンの舞台)が最低最悪の街だから、ああでもしないと目立たない」と言っていたけど、ホントあらゆる意味で最低です。主に精神面で最低です。
何が酷いって、殺人鬼に対する処置が甘すぎる。アーカム精神病院に入れれば凶悪犯でも必ず更生する、と言う風潮が(なぜか)支配しており、そして予想通り悪役共は反省すらしておらず、簡単に退院しては再度殺しを始めると言う始末。トゥーフェイスもジョーカーもあっさり再犯→バットマン出動がもうお決まりですわ。

本のタイトルは『ダークナイト』だけど、映画と違ってジョーカーの出番はあんまりありません。結構呆気なく倒せちゃうんだね。ジョーカーの活躍が見たかったら『キリングジョーク』とかの方がいいのかも。

って言うかそもそも、この本自体が『ダークナイト リターンズ』(1986)と、『ダークナイト ストライクスアゲイン』(2001)の2作品を1冊にまとめたものなのね。なので本の半分から大きく絵の雰囲気が変わります。描いている人は同じなのかな?
ついでに話の雰囲気まで変わります。でも個人的には古い『リターンズ』の方が渋くて好きです。
『ストライクスアゲイン』はたくさんキャラ出そうとした結果大雑把になりすぎてる感が大きいのがなぁ。

読んで初めて知ったけど、バットマンとスーパーマンって仲悪いのね。この本では最後まで戦いっぱなしです。宇宙人で超パワーを持つスーパーマン相手に、あくまで「鍛えただけ」でただの人間なバットマンでは普通勝てる要素ないんだけど、罠を作ったり助っ人を呼んだりダーティ手段でバットマンが勝ったりします。それでいいのか正義の味方。

『リターンズ』はあくまで老いたバットマンのお話。スーパーマンもグリーンアローも出て来るけど、あくまで脇役としての出番に限られています。
対して『ストライクス アゲイン』はヒーロー総登場、コレDCコミックのヒーロー全部出てんじゃね?ってくらい大量のキャラが現れます。でも敵で名前あるのルーサーとブレイアニックだけじゃね?と言う、例えるなら『スーパーヒーロー大戦』仕様。まあ途中までスーパーマンが敵役なんで間は持っているんですが。

しかし最大の問題点は「絵が汚い!」に尽きます。
『リターンズ』では細かくまとまってる感があるのになぁ。『ストライクス アゲイン』は本当に粗い。特にアップの絵が粗すぎる。サインペンで主線を描いたの?って訊きたいくらいです。ワンダーウーマンなんてせっかく大きな見せ場があるのに、どアップでガサガサな絵のせいで読んでて引いちゃうくらいなのが惜しくてたまらないです。

アメコミは漫画よりも絵本に近い、と何処かで言っていましたが、個人的には「紙芝居」の方がもっと近いかなぁと感じました。
例えばページをまたぐと全然時間も場所も違う話になってたり、ひとつの話はできるだけ少ないページにダイジェストみたいに詰め込むのが主だったりします。なので漫画のつもりで読むと唐突感がパないです。
でもなんか何度か読んだら慣れて来た感があるので、もうちょいしたらまた感想が変わるかも。
スポンサーサイト
[2012/06/26 22:41 ] | 読書 | コメント(2) | トラックバック(0)
web拍手返信

しばし放置してしまってごめんなさい。
全然ホームページの更新とかに手が回ってませんねー、ゼロクロも完結した事だし作り込めるハズではあるんですが、いかんせんそこまで生活に余裕がないもので…


以下、遅くなりましたがweb拍手返信します↓


かずタか様
>ゼロクロ最終巻を読んで色んな考えにふけりながらこのHPを見させていただきました!
>またマテパ最初から読みたくなってきました。


ありがとうございます!
一種のファンブックのようなものとして利用してもらえたら、という想定でHPを制作致しましたので、いつでもそのように読まれると僕が非常に喜びます。


ゲンゴロウ様
>最近知ったのですが、BBBの香久耶と陽が月丸と太陽丸の生まれ変わりって一部で言われてるらしいですね。
>「カグヤ→月、陽→太陽」で、更に4巻で明かされてる誕生日が一緒。


そうなんですか。
名前から意識はしてるんだろうなぁとは思っていましたが、誕生日まで合わせているとは気付きませんでした。生まれ変わりとか土塚先生がやるかは分かりませんが(ヤマさん、みたいなギャグはありましたが)一説として面白いと思います。いずれガイダンスにも書こうかな。
[2012/06/15 05:37 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
BAMBOO BLADE B 第43話「斬撃と打撃」
少し更新が遅れました。ごめんなさい。

あの特別編が2日も掛かっただって、普段は1日仕事で完成させてるんですかね。
つくづく、この人はやりたい事が多すぎて現実への還元が間に合ってないのだろうなぁと思います。だから作画作業とかがハイスピード化を徹底しているのでは?将来的にはもっと大量の原作を抱える特異な作家になりそうです。土塚先生。


●BAMBOO BLADE B 第43話「斬撃と打撃」

バトル展開(個人的には大歓喜ですが)続行ですが、今回はなんか文字が多いです。
技の名前を字で書くようになったからかな。わかりやすい分には何も問題ないですが、まだ少しチグハグ感があるのが若干気になります。

全国クラスの強敵、小関を倒したジン。当然ながら疲労困憊、こりゃどう見ても次はマトモに戦えそうにありません。
先に言っちゃうけど、たぶんレンジ vs ジンは一発勝負になるんだろうなぁ。最初の一撃はジンが取るけど、体力が尽きてレンジが競り勝つ(そしてレンジには不満が残る)展開と予想。


また、今回やけに辻村とかスズリの絵がシャープになって来ています。
なんか益々小奇麗になっているなぁ。まるでガンガンの漫画みたいだ!


最初からクライマックス、殺気全開の辻村。対してリベンジに燃えるレンジが体得していたのは武道の極意「円の動き」!
聞いた事があります。どちらかと言うと太極拳とかの中国拳法に多い思想なんだけど、人体の構造上直線よりも曲線を混ぜる(らせん状に動く)方が力強いムーブができるそうです。ボクシングだとコークスクリューの原理ですね。ここでは動きに割く力を"見"に注いで防御性能を上げている感じですが。

さて辻村は佐藤門下で最もバランスが良く付け入るスキのない人物(逆に言えば、本気を出せば佐藤にはなにか極端な個性があるのか?)。普通に考えてレンジに打つ手はありません。
だからこそ、ただの一瞬、一撃に絞り力を注ぎます。

高速の世界を制したのはレンジの"剣道"!
差を分けたのはやはり過去の積載か。「敵を斬る」必要を削いだ剣道が辿り着いた「打撃」の動きの小ささ。もちろん、『シグルイ』にもあったように「三寸斬り込めば人は死ぬのだ」みたいに"剣術"でもそう極端にバッサリ斬らない流派もあったでしょうが(逆に薩摩系とかはデカイ動きをするんだろうけど)、それよりも小さな動きを互角のスピードでこなした事による番狂わせ劇。

多くのバトルマンガでは、スポーツマンは実戦を想定した古流とか暗殺者に負けて、剣道部なんかは「たかがスポーツw」みたいに嘲笑われるのがお約束ですが、
"剣術"の特長を描きつつも、スポーツ化によって洗練もされた"剣道"を力強く肯定する本作。見事な対比と決着の付け方でした。個人的に拍手を送りたい気分です。
いやぁ、本当に良い漫画です。
[2012/06/15 05:09 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
ハルポリッシュ 第14話「若菜と居合道部」
月チャンでは地味に将棋サッカー漫画「ナリキン」が少し気になってたりします。
主人公にはまったく好感が持てないけど、コンセプトが面白いのでどこまで続けられるか楽しみ。…でもこの主人公、絶対に選手よりも監督向きだよね。なんでわざわざピッチに立たせる?


●ハルポリッシュ 第14話「若菜と居合道部」

おめでとう!拝先輩は"ダメ人間"から"クズ"に進化した!

ホントにコイツから中二要素抜いたら真性のクズだなぁ。
拝桃路 18歳(趣味・カナブン飼育)、世の大学生の大半が思っていそうな事を大声で言うとなんて酷いんだろう(僕も少しはそう思ってましたが)。
あー、なんかイケメンボイスでこんなダメ台詞聞いてみたいわー、ドラマCDとかやんないかなー、題材的に映像ないとキツイだろうけど。

(拝の事は放置して)気合を入れ直した片山先輩。
でもスイーツには勝てませんでした。っつーか甘味をこう大袈裟に表現すると自然と清村の顔がよぎるのは一種の病気なのかなぁ。
まぁそれはともかく、全員分の道着が届き装備が完了した居合道部。いよいよ本格スタートです!
…でも、拝先輩の問題は全然解決してないよなぁ、どうすんだコレ。


一方、その見た目だけで遥か先へ進んでいると分かる海ノ木高校居合道部。
前回の長髪さんがなんと部長、それも巻き藁を鮮やかに斬り落とせる凄腕の持ち主でした。誰だ!オドオド系の弱キャラっぽいなんて言ったバカは!
他に新キャラが2名登場。大柄でおっとりしてそうなマダム顔がひとり、黒の長髪とリボンが特徴の眠たげなチビがひとり。なんとなく癖のありそうなキャラが楽しみな次回に続く。
…チビが体格の割に巨乳なのは、後でヒナに当てつけるためだと予想。
[2012/06/06 21:24 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。