スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
読んだ本 3/27

ほぼ毎日更新の謎企画。疲れるまで続けるテスト。

「天国への階段」
天国への階段〈上〉 (幻冬舎文庫)天国への階段〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2003/04)
白川 道

商品詳細を見る

言っちゃ悪いけど(白川道ファンの方がいらしたらゴメンナサイ)、父が何故この本を勧めたのか分からんです。
今回は酷評する気満々です。たまには体に合わない本もあったりするものです。
僕、よくこんなの上・中・下と全部読んだなぁ。

こういう言い方すると女性から怒られそうな気もしますが、文章の端々から女性の理想化された(一般的に言えば「少女漫画的」、悪い言い方をすれば「スイーツ(笑)」な)上流ビジネスマンの生態がなんだか鼻に付きます。
「オレ金持ちだよ!カッコいいだろ?」とでも言いた気なキャラばかりなのがなぁ。好きな人にはたまらんのかも知れないけど。そういや家の父はテレビドラマとか好きなんだったっけ。ある意味ドラマっぽい設定かも。

嫌な親から莫大な遺産をもらっちゃって → ヤケになって全額競馬に賭けたら偶然当たっちゃって → 知り合いがゲーム作りやってるのを聞いて、テキトーに大会社作って資金援助したら → バカ売れして日本有数の大企業社長に…ってのが主人公の経歴。
あと、著者がテレビゲームの知識がないのは明白。開発してたゲームも「ロールプレイング・ゲームというジャンル、らしい」とか文に出て来ますし。一体どんなゲームなのかは一切書かれてないですし。
読んだ人は違和感とか覚えないものなのかなぁ?
それとも「テレビゲームなんぞ、どうせこんな程度でいいでしょ?」と考えてる人にはしっくり来るのかも?

こんなんだから、てっきりトレンディドラマ系の女性作家かと思ったんですが、実態は結構なオッサンでした。本業はハードボイルド方面なんだけど、何の気紛れか恋愛モノを書いてみたくなった小説みたいです。だからこんなに不自然な話になってるのね。

本筋の内容についても、最後までひとりよがりでエエ格好しいな様子が続きます。僕の邪推になりますが
今までどんな悪徳もして来たけど、そんな事より好きな女を傷つけちゃった方が罪深いよ! → だから自殺するよ!感動するでしょ?
いや、今まで蹴落として来た人へはフォローなし?それとも、どうせ金持ち連中なんて破滅させて当然の悪党でしょって感じなの?

…と言う訳で、僕にとっては壮絶に体に合わない小説でした。
スポンサーサイト
[2012/03/27 08:52 ] | 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。