スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第43話「ヌルと7つの魂」

今頃になってですが、新年一発目の更新です。
それにしても、こんなに怠惰な土日を過ごしたのは、本当に久しぶり(挨拶)。

土曜日に(今更ですが)『MOVIE大戦MEGAMAX』を観て来ました。
なかなか評判がいいようなのでかなり期待して行きましたが、完全無欠という程ではなくとも中々楽しめました。

前に劇場で観た『運命のガイアメモリ』(これも評判が良い)の時と同様に尺の足りなさは否めませんが(特にミハルくん関連の一足飛びぶりはヒドい。『運命の~』ではプロフェッサーマリアの改心が描写不足ですごく唐突に感じた。)、それはともかく「テーマ?ストーリー?んなもん知ったことか!」と言わんばかりにアクション!アクション!またアクション!!で見せて行きたかったのはバッチリ伝わりました。

だってプロローグっぽく 隕石が落ちて来た! → アクション!、空港に映司を迎えに行こう → アクション!、久しぶりのクスクシエで一休み → アクション!、と言った具合にカットが変わる度にバトルバトルです。…もしかして、ロケ場所でバトらなかった所なんてないんじゃないのかなぁ。

個人的に途中ちょっと退屈に感じたのはフォーゼ編…ですね。
撫子の正体って…それなんてELS(『ガンダム00』)?結局なでしこドライバーとかはフォーゼを見よう見真似で即興で作ったって事なのかな?
いや、フォーゼ自体はすごく好きなのですが、完全に焦点が弦太朗と撫子に絞られてるのでライダー部の連中が完全に後ろでわぁわぁ騒いでるだけでしかなかったのが残念でした(まぁ尺もないし仕方ないっちゃないんだけど)。
どうでもいいけど何かある度に全員に一回ずつカメラが振られる手法って、思いっきり『戦隊』の撮り方だよなぁと思いました。

逆に、妙に安心して楽しめたのはWパート。
っていうか、単に僕がW大好きなだけなんだなぁと再確認できました。
なんかね、翔太郎とフィリップがいつものやりとりしてるだけで不思議な満足感がありました。ああ、これがきっと惚れた弱みってヤツなんでしょうか。

どうでもいいけど、事前に知ってはいたけど弦太朗デカいな!翔太郎と対面してるシーンだと体格差があまりにハッキリしてて笑いました。

※ 弦太朗(183cm) > 映司(181cm) > 翔太郎(175cm) 。実は大文字さん(181cm)より弦太朗の方がデカいんです。

そしてラストパートのライダー大集合。
一応全員に見せ場は用意されていただけ有難いですが(アマゾンの「トモダチ…」にはちょっと吹いたw)、やはりチョイ役感は否めないのが残念でした。やはり尺の問題か…
それでも「現代の技術で昭和ライダーの必殺技がやりたい!」って目的はハッキリしてましたね。ちょっとゴーカイジャーのレジェンド回に近いものを感じたけど。

まとめると、とにかくやりたいこと全部やれ!
と言った心意気の見える、てんこ盛り映画でした。
何度も言ってるけど、やっぱ時間がなぁ…
もう30分くらいあれば、もっといい濃度で詰め込めたろうに。


とまぁ、それはさておきゼロクロの話をします。

●マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第43話「ヌルと7つの魂」

ミト様マジ主人公。
スポンサーサイト
続きを読む
[2012/01/17 07:56 ] | マテリアル・パズル | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。