スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
【Iv@nhoe】愛ヴァンホー 解説編 おわり
「愛ヴァンホー」解説編・最終回を作りました。
昨日の夜に書き始めて、今日作ったという超突貫工事な動画です。
気合い入れれば案外さっさと作れるもんだなぁ。




ここも動画に入れると長引くのでカットしましたが、
原作の岩波文庫にはヒドイ突っ込み所があります。


◇騎士が全員「ござる」口調。

「アイヴァンホー」が翻訳されたのが1964年と非常に古い時代だった事もあったのか、日本式の時代劇を意識したのか、なぜか騎士階級のキャラクターが全員 侍 みたいな喋りをします。
アイヴァンホーの一人称が「それがし」って何だよw

おそらく、誰がどの階級にあるのかセリフでわかるよう工夫しようとしたのでしょうが、途中で登場キャラが騎士ばっかりになるので、却ってどれが誰だか分からなくなっています。マジ読み辛ぇ。


◇固有名詞の訳が統一されていない。

特に下巻がヒドイ。

・ジョン親王がときどき「ジョン王子」になっている。
→ 原文では「Prince」。確かに、日本人が何の予備知識もなしに「プリンス」と言われたら
「王子様」と訳したくなる気持ちは分かるけど…

実は「Prince」の示す意味は非常に広く、王族の男性で王(King)以外は弟だろうが孫だろう
が伯父や甥だろうが、全員がプリンスです。しかも場合によっては王族以外でも公爵位を
「Prince」とする事もあるので、案外ややこしいです。

※同様に「プリンセス」も単に「王女様」とは限りません。


・アルベールがアルバートに

下巻でチョイ役で「アルベール・マルヴォアザン」というキャラが出て来るのですが、
なぜか章をまたぐと「アルバート」になっており、最後まで直りません。
確かに原文では「Albert」で、フランス語読みがアルベール、英語読みがアルバートなので単に読み間違えたのだと思いますが…

なんで最初合って(マルヴォアザンはノルマン人なので、フランス語読みが正しい)たのに、
途中から間違えちゃうかなぁ?


・ウォーダー稿本

僕の大好きな「ウォーダー稿本」ですが、これもなぜか出て来る度に「ウォーダー・マニュスクリプト」になったり、また戻ったりします。
どっちかに統一しろよ!ややこしいんだよ!!


……とまぁ、外国の小説を翻訳したものを読む事は多々ありますが、
「訳がヒデェ!」と声を大にして言える本に出会ったのはコレが初めてでした。色んな意味で
僕にとって印象に残るものとなりました。

しかし、これには少々事情があったようで、
岩波文庫「アイヴァンホー」上巻の発売が1964年、下巻が1974年と、なんと10年もの開きがあります。
さらにこの間(1972年)に翻訳者の菊池武一氏が亡くなっており、下巻の途中からは別人が引き継いで訳していたようなのです。なので、下巻の方はどうにも翻訳が精密さに欠け、細部のミスが目立つ出来になってしまったのでしょう…
と、推測する事はできますが、そんな理由が通じるかボケ!!
仮にもプロの出版人が翻訳をいい加減に済ませて、そのまま気付かず世に送り出してしまっていいのか!!誰もチェックを入れなかったのか!?

……まぁ、もう40年も前の出版事情がどうだったのかは知りません。
僕もまだ生まれてないですし。ですが、相当杜撰な環境で仕事してたんだろうなぁと推測されるまでです。

スポンサーサイト
[2011/11/27 16:43 ] | 動画 | コメント(2) | トラックバック(0)
愛ヴァンホー 最終話「勇者と竜王と」後編(完結)

疲れた。(挨拶)




やったよー、何とか休職中に愛ヴァンホー完結まで漕ぎ着けたよー。
…まさかの30分越え。エンディングが入るから仕方ないとは言え、こんなに長引くとは正直想定外。お陰で入れたかったテーマ的なものを削らざるを得なかったのが残念だけど、時間には変えられんので仕方なし。

ドラゴンの力を持って生まれたエリーが人として生き、
単なる人だったアイがドラゴンの力を得て、修羅の道を行く
結局、生まれ方なんかより「どう生きたいか」の意思の方がよっぽど強い
…と言う、ちょっとした対比のようなものを入れたかったんですよ。

こうやって、説明不足&駆け足で消化不良な最終回は作られていくんだなぁ。
自分でやってみると本当に実感できます。…精進せねば。


あと、実は1カ所思いっきり音ズレしちゃってましたが、正直そこまで修正するだけの余力がありません。
無視してそのまま投稿しました。我ながらヒドイなぁ。

最終回ってシチュエーションが本当に浮かびやすい事もあって、
これでもかってばかりにパロディを詰め込みまくっています。
一体いくつ入れたかな… えーと、武装錬金にバキにスクライドにジョジョに……
たぶん、自分でも覚えてないのがたくさんあると思います。

マジ疲れた…
いっぱい視てもらえたら嬉しいなぁ。
[2011/11/19 17:15 ] | 動画 | コメント(0) | トラックバック(0)
マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第41話「暗き道と光の道」

動画作成作業中です。そして色々と難航中。
今週中完成を目標にしたいなぁ。


●マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第41話「暗き道と光の道」

ベルジの残留思念と対話するメルパトラ。
「自分の思うまま生きろ…」と、終始湿っぽいムードで短くも印象的な会話が終わ……
らせないのが土塚クオリティ。

なんだこの元気な死人はw
くよくよするな!できると信じろ!さあ行くぞ!! と、『グレンラガン』の兄貴か松岡修造みたいなテンションで締め、長きに及んだミト様の戦意も完全回復か。人類最強の戦士が今、立ち上がる!

…それにしてもクリム、マジで立場ないな。どうすんだろ。

一方、ついに大魔王デュデュマと対面するクロイツ一同。
ところでナツメが未来の王妃ってのは冗談なのかマジなのか……って、そういやエコルドって王子様だったわね。そうか、嫁にしたいのか。

ロボと言うかは、巨大な竜を思わせるデュデュマ。
ラスボスだけあって、一瞬で全員をビビらせる威圧感持ちです。いいよいいよ、風格あるよー。

どうあっても勝ち目がない、と悟った矢先に現れる更なる悪意・「血」のクロイツ! …と言った所で以下次回。
どーでもいいけどシュウガ(ドライ)とメルパトラ(アインス)早く来やがれ。
[2011/11/17 20:09 ] | マテリアル・パズル | コメント(0) | トラックバック(0)
愛ヴァンホー 最終話「勇者と竜王と」前編

動画作りました。




一昨日まで本当に影も形もなかったものが、今日がっつり作業したら出来ました。
多分、気合入れて作れば後編も1日作業で作れるかも。ちょっとやってみようかなぁ…

さて、今回は一種の念願だったドラゴン退治です。
白いドラゴンがいいなー、って考えて最初に思いついたのがこの「青眼の白龍」でした。
我ながらヒドイ発想だけど、全体的にジャンプ臭を漂わせる当作では結構親和性が高いと個人的に思います。

こうバトルがメインだと、折角友人Tから借りた洋楽を使う場所が少なくて、ちょっとなぁって感じです。
出来れば積極的に使って行きたいところなんだけど…


さて、次回はラスボス戦です。
なるたけ熱く、説得力のあるバトルにしたいと思いますので、気合を充実させていきたいです。
[2011/11/16 00:40 ] | 動画 | コメント(0) | トラックバック(0)
BAMBOO BLADE B 第36話「伊藤錬二と風見荘次」

今回の清杉はヒドイなぁ。実にヒドイ(褒め言葉)。
土塚先生、この件に関してはもう突き抜けてるよね。ホント、なんでこの漫画連載続けてるんだろう?
まぁ、大笑いしたんですけどね!


何気に僕はBBBをいい漫画だと感じています。
今時珍しい正道な熱血スポーツものであり、超人的な要素に頼らず試合をしっかり盛り上げられる点が特に良いと思います。
決して特出した所はないけれど、丁寧な仕事を感じる職人芸。そんな印象を受けます。
純粋に次回が楽しみだ。

●BAMBOO BLADE B 第36話「伊藤錬二と風見荘次」

タイトル通り、今回はこの2名の対決。ほぼそれだけの内容です。
しかし単純に熱い、バトル漫画として見ても上々の回だと思います。

巻き技、担ぎ、そして弱点の克服と格上相手の戦い方。
レンジが相手の得意技を盗んだ!……とフェイクを入れてからの胴一閃。
ぶっちゃけ僕は剣道を全く知りませんが、この流れは実に見栄えもして見事の一言。がっつり取材を行って、説得力のある逆転劇を無理なく描けている事が実に素晴らしい。

あー、この辺のアクションとかしっかり再現してアニメ化とかしないかなー。いやマジで。

ユウは応援だけでなく、同化、つまり自分がそこで戦っていると想定しての観戦が身に付いている様子。アレですね、バキで言うリアルシャドーですね。居合の境地ですね。

最後は予想どおり、大将戦にチームの勝敗を決める大一番が回って来ました。
さあどうなる、佐々木部長!マンガ的に考えれば、奇跡の逆転勝利の流れがもう出来てはいますが、BBBだと普通に負ける展開もあり得るからなー。本当に先が読めません。



[2011/11/14 18:01 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
Waltz tempo26

休職中の最大目標:ダイエットの成功と、体力づくり
最近の悩み:ひどい不眠であり、毎晩午前3時まで寝付けない


食事量を削ったら、2日で1Kg落ちたでござる。
…ここ1ヶ月の悶々は、単に食べ過ぎだっただけなのだろうか?

この所のひどい 不眠 → 朝寝坊 もどうにか治したいと思っているのですが、
朝にお腹が空けば自然と目が覚めそうな気も。
事態の好転を心から祈る。


●Waltz tempo26
続きを読む
[2011/11/14 17:47 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
ハルポリッシュ 第7話「美濃焼きと白川郷」

超疲れてます。(挨拶)

休職中にダイエットをしようと、毎日毎日筋トレとランニングを頑張っているのですが、いよいよ疲労が蓄積して来たらしく、今かなりキツいです。普通に歩くのも痛い痛い。

成果は、実感として少し腹周りが締まったのと体力が上がった気がしますが
ビックリするくらい体重は落ちてないのですよ。まぁ、増えるよりはマシなんですけど。

果たしてこのダイエットは成功するのか?
自分自身との本当の戦いは、これからだ!

……お粗末でした。


●ハルポリッシュ 第7話「美濃焼きと白川郷」
続きを読む
[2011/11/09 11:35 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第40話「残された少女と残された想い」
前略、風邪ひいてます。
今週の水曜日くらいからずっと咳が止まりません。
今はちょっと治りましたが、折角休職させてもらってるってのに、体調崩して僕は一体何をやっているんでしょうか。アホの極みとしか言いようがありません。

さて、時間と言うものは容赦なく過ぎて行きます。
真面目に頑張ってても、グダグダと過ごしていても、時間は同じ時間。引いて言えば同じ人生とも言えるでしょう。
ならば、だらけた一生よりも頑張った一生にしたい所。
……とまで、毎日思い至れれば、きっと充実した時間を過ごせるんじゃないだろうかと考えた今日この頃。
…明日ちょっと試してみるか。


●マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第40話「残された少女と残された想い」
続きを読む
[2011/11/05 00:37 ] | マテリアル・パズル | コメント(0) | トラックバック(0)
愛ヴァンホー 第六話「ノッティンガム」後編

やっとできたー。
作成中とか言っといてから3日も過ぎてるじゃないの!
あまりに想像を下回る自分の作業速度に酷く落胆しています。遅い、遅いよ!!




手前味噌ですが、今回で黒騎士とロビンと交戦した2人の少女(美心と響)は外見から分かるように、同時代(12世紀)の違う場所から拾われて来た人間です。

ちょっと才能があったから"姫君"かも?と思って色々試していたら、中途半端にドラゴンの力を持ったまま心が壊れちゃったので「できそこない」としてとりあえず軟禁していた(無駄に生命力があるから、殺したくても殺せない)…という設定になっています。

響の方のモデルは日本の巴御前。 騎士 vs ナギナタ とか、話の中ではあっさり終わらせちゃいましたが、単純にワクワクできる組み合わせだと思っています。

美心の方のモデルは漫画版「射英雄伝」(原作:金庸)の主人公、郭靖のモンゴル修業時代。チンギス・ハーンの下で若武者として成長していた頃のスタイルです。
実際にモンゴル帝国の騎馬弓は驚異的な射程を誇っていたのですが、具体的な数字を調べるのにひどく手間取りました。うまい具合にロビンが有効射程の短いボウガン装備だったので、作劇的にちょっとラッキーでした。


さて、次回はいよいよ最終回(前後編に分かれますが)。
騎士 vs ドラゴンの決戦になりますが、果たしてどんな形の動画になるのか。
今の段階では自分でも見当が付かないので、ちょっと楽しみにしています。

[2011/11/04 15:41 ] | 動画 | コメント(0) | トラックバック(0)
いろいろ雑多な言いたい事・2

「愛ヴァンホー」第六話後編作成中ー。
しかし、どうにも時間ばかりかかるねコレは。

さっさと作り終えてしまいたいんだけど、気分が乗らなかったり眠かったりしてイマイチ作業に身が入らないのよね。
一応、休職中の第一目的がダイエット兼体力づくりとしているので、動画制作は実質二の次なんだねー。
僕、一体何がしたいんだろう?



まぁ、それはさておき、自分のやった事を記録くらいしておこうって気持ちがあるので
自力で編集したニコニコ大百科でも紹介しておこう。全部ノベマスだけど。


●陽気なアイドルが地球を回す
●陽気なアイドルが地球と踊る

作者はレストP
前にも紹介したけど、 伊坂幸太郎 作品全般を原作にして超リミックスなノベマス。

"文字"が圧倒的な力を持つ(考えてみると、コレって大須賀めぐみ手法だよなぁ)独特な雰囲気を持つ作品で、お話の面白さもさる事ながら、毎回のインパクトと強烈なヒキが素晴らしく、個人的に「このくらいできたらいいなぁ」と心底思わせてくれる凄いモノです。

「踊る」は「回す」の続編だけど、時間軸は1年前に戻って前日談形式になっており、内容も超能力バトル路線がかなり強まっていると言う、丁度『魔王』と『Waltz』の関係に被っているんですねー。


●七六五家蜘蛛の会

作者はヘンリーP
原作はアイザック・アシモフ『黒後家蜘蛛の会』。
ノベマスの影響で全巻読んでしまいました。面白いわコレ。

記事作成自体は別の方がされたものに、自分が大幅改訂を行いました。

レストランの中の会話だけで進む推理劇。
ゲストの持ち込む"謎"を、会員たちがあれやこれやと質問して真実に迫り、そして毎回正解を言い当てるのは給仕の老紳士ヘンリー(配役は小鳥さん)というのが恒例のパターン。

さすがに原作が40年ほど前からのものなので、現代のテクノロジー(携帯電話とか)と合わせると不自然な点が出てしまうため、だんだんアレンジが濃くなって行きますが、だからこそ原作既読者でも楽しめるのがグッド。


●色黒の社長の話。

略して「とのばな」。作者はガルシアP

「アイドルマスター」から15年くらい?未来を想定して書かれた作品。
ほとんど主役が黒井社長(推定70歳)と天ヶ瀬冬馬(推定32歳)という、異色にも程がある展開にまずビックリ。

こちらも毎回心地よい裏切りが潜み、「え!?コイツが?」と言った具合に各キャラクターの未来像が意外なのに妙に納得できる筆力に感服しています。

これも記事そのものは既に出来上がっていたものを、僕が最新作分まで更新した形になっています。


現段階では主役メンバーの"敵"の妨害は確認できながら、実像がまったく描かれていないため正に「本当の戦いはコレからだ!」な所まで進んでいます。やっぱ敵は東豪寺麗華なのかなぁ?



……さて、こんな具合にちょこちょこと大百科を書いたりしてる訳ですが。
いつか自分の記事とかも書かれるようになったらいいなぁ。
さすがに自分で書くのは無様すぎるので勘弁したい所です。

そのためにも、頑張って動画制作しなきゃなぁ。
…あくまで趣味として。
[2011/11/01 12:41 ] | その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。