スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Waltz tempo22

Waltz(って言うかゲッサン)だけは普通に雑誌を買っています。
単にマンガ喫茶にゲッサンが置いてないってのも理由のひとつですが、案外読むモノが多いので持っておくだけの意味があるかなーと考えている点もあります。

楽しみにしてる漫画の一つは「信長協奏曲」。
現代の若者が、ある日突然戦国時代にタイムスリップ――という、超手垢付きまくりのジャンルのはずなのに、読んでてちっとも退屈じゃない不思議なマンガです。
普通こういうif歴史モノってのは主人公が関わる事によって歴史が変わってしまうもの(なので、史実に詳しくないと面白さが分からない)なのに対し、このマンガはなんと「なんだかんだで史実どおり」に話が進んでいるのが面白いのです。
全然信長のキャラ違うのに、結果的に後世に伝わるとおりになる。普通のマンガと真逆の事をやっている、新しいタイプの歴史漫画だと思います。

あと終わっちゃったけど「忍びの国」とか、梁山泊を悪党とした(でも、「ジャイアントロボ」を観た身だと案外違和感ない)水滸伝「月の蛇」とか、「アオイホノオ」とかも80年代を描いているとすれば時代劇が充実してるのがゲッサンの特徴なんじゃないかなぁと個人的に思っています。
あんまり書くと延々と続いちゃいそうなので、Waltzの感想に移ります。


●Waltz tempo22
スポンサーサイト
続きを読む
[2011/07/18 01:24 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
BAMBOO BLADE B 第31話「勝負と親友」

すっごい眠いよ!
どのくらいすごいかと言うと、午前中に婆ちゃんの買い物手伝って、お昼からなんか眠いから寝たら20:00に起きて、また寝ちゃって今起きたぐらい眠いよ!

なんだかわからないけど、実家には異様な快眠効果があるようです。
とにかくグーグー寝てます。明日から仕事なんてイヤだー!

私事ですが、この感想文は先日のハルポリッシュと同じ時にマンガ喫茶で書いたものです。
その後でPCに起こすのが面倒くさくてやってなかったんですね。

だったら最初からマンガ喫茶でPC使って書きゃいいじゃん、とも思うんですが、不思議な事に僕はキーボードを打ちながらだと全然文章が思い付かないのです。
考えて手で書く → 書いたメモを見ながらPCに打つ → その時に色々おかしい所とかを修正する。とやらないと、何を書きたかったかとかを忘れちゃったりするんですね。
ちなみに、「愛ヴァンホー」のシナリオもこうやって作ってます。正直、非効率なやり方だと思いますね。最初から直にPCに満足のいく文が書けてれば、こんな感想文の提出が遅れたりする事ないのに。


●BAMBOO BLADE B 第31話「勝負と親友」
続きを読む
[2011/07/18 00:38 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。