スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
限りなくどうでもいい話題。

仕事中にすごく眠かったはずなのに、なぜか今日は一睡もできませんでした。
…こんなに意味のない徹夜は初めてだ。僕、何やってんだろう。不眠症だろうか。

近頃は(前っからですが)空いた時間には本ばっかり読んでます。
特に歴史モノとかの重たいのがなぜか好み。


少年漫画の王道には独特の世界観を持った(特に中世ヨーロッパ風の)ファンタジーがありますが、どうも最近は下手にオリジナルで世界を考えるよりも、現実に起こってた事の方がよっぽど突拍子もなくてムチャクチャな事が多いような気がします。

今読んでいるのが「ワイルド・スワン」。

ワイルド・スワン(上)ワイルド・スワン(上)
(1993/01/19)
ユン・チアン

商品詳細を見る


親が1年くらい前に貸してくれたけど、さんざん放っておいたものです。
わざわざハードカバーで買うぐらいだから、きっと相当気に入ってるんだろうなぁ、コレ。


内容は、中国の清朝末期から毛沢東による文化大革命の頃まで、激動の時代を生きた親子三代の記録…というと壮大そうですが、簡単に言えば著者本人の日記です。
祖母 → 母 → 著者 と時代が移り変わる様を、実体験を交えて綴られています。

まだ読み途中なんですが、感想としては
デストラップ多すぎだろ、中国。
正直、どのページも「あわや命の危機!」から離れることはまずありません。
しかも本人だけじゃなく、家族や親戚、知人に至るまで、どのタイミングで死んでもおかしくないレベルがずっと続くのは並じゃありません。
平凡なことばになっちゃうけど、これだけデンジャラスな時期がまだ40年前だってのが信じられません。

著者は幸運にも裕福な家庭で健やかに育っていますが、現在まで生き残れているだけで本当に本当に幸運だったと思います。そうでもなかったら、ある日突然コロっと家族の誰かが死んでても不思議じゃありません。
そして、そんな超ラッキーな著者の家族でも、容赦なく危機が続く訳で。下巻の文化大革命が始まったあたりからのご両親の苦労は心底可哀想です。ホントに生き残れたのが奇跡だって思えるレベル。

なんだよコレ、ノンフィクションなのに人生波瀾万丈すぎだろ。山も谷もありすぎだろ。
本当に、人の命なんて、時代次第で簡単に吹っ飛んでしまうものなんだなぁ、と今思ってます。
スポンサーサイト
[2011/06/29 06:21 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
Waltz tempo21
昨日、地震ですっかり休止していた行き付けのジムが営業再開したので、久々に運動して来ました。
おかげで今日は筋肉痛です。しかしまぁ、久しぶりの感覚にちょっと懐かしくもあり。

こんな日は本でも読みながらゆったりするのがいいです。
そういう休日の過ごし方も、なんだか久しぶり。

もしかして、こうやって休んでたりしなかったから病院通いするハメになったのかしら。


●Waltz tempo21
続きを読む
[2011/06/12 16:37 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
BAMBOO BLADE B 第30話「ケンちゃんとおばあちゃん」

マンガ喫茶で久しぶりにヤングガンガン読みました。
BBが終わって以来ご無沙汰ではあったんですが、フロントミッションはまだ常木中尉が弟とバトってたし(決着はしたみたいだけど)、ニコイチも変わらず菜摘さんとモタモタしてたし、行商人もまだお姫様とがんばってたし、衛さんも相変わらず犯罪者とやり合ってたし、何よりヴァンプさまがあまりにもいつも通りでした。
あ、天使の裁量は前っから増刊で好きだったので、本誌にいて嬉しく思いました。単行本とかあったら買おうかなぁ。
なんと言うか、別に毎回ムリに追いかけなくても全然困らないんだなぁと感じました。

あと、少年ガンガンは『スカイブルー』が純粋に面白くて困る。
ハッタリの効かせ方が非常に上手く、画面の荒々しさと力強さにグイグイ引き込まれます。
単純なストーリーをバトルの迫力だけで魅せる。読後感としては『HELLSING』に近いものがあるのかも知れません。

そして今月の清杉はスゴかった。
全編に渡って想像の遥か上を行くハジケっぷりに笑いが止まりません。
ゼロクロの反動なのか?なんかもう『ボーボボ』じみて来たなぁ。いや、ボーボボ大好きですけど。


●BAMBOO BLADE B 第30話「ケンちゃんとおばあちゃん」
続きを読む
[2011/06/12 13:23 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
ハルポリッシュ 第2話「ハルと男の子」

またマンガ喫茶行って来ました。
そしたらピンポイントで月刊チャンピオンと少年ガンガンだけ誰かに読まれていたので、しばらく「チェーザレ」とか読んで返却を待ちました。

…いたのか、あの場所に同好の徒がいたのか!?

まぁ、それは置いといて。


●ハルポリッシュ 第2話「ハルと男の子」

正直、この漫画は色々フリーダムすぎてなんだかよく分かりません。
とりあえず、この2回を見る限りでは学校パートはお笑いそのものだけど、居合パートの迫力は結構マジなので「やたら絵に力のあるギャグ漫画」って感じで読むのが自然なんでしょうか?


まずは居合の花形、片山先輩による演武の披露です。
その佇まいからも見てとれる通り、彼女の腕前はかなりのもの。初心者(ヘンな才能はあるけど)のハルにも「斬った相手が見える」ほどの凄味があります。
…って言うか、これリアルシャドーじゃね?
きっと本気出せば先輩は巨大カマキリくらいは出せます。たぶん。


BBのときもそうでしたが、少人数部活モノのお約束「まずは部員集め」から!
しかしここで元々奇人のハルに追加の弱点「男性に免疫がない」が発覚。想像以上にコミュニケーション力がありません。ダメだこの娘、何というかダメダメだなぁ… かわいいけど。
でもまだ「逃げ出す」程度で済んでいいですよね。もし『Working!』の伊波さんみたいに迎撃癖があったら、ハルなら間違いなく5人は斬り殺してます。

そんなわけで直接対話による勧誘が困難なので、友人の やよい と さつき が相談に乗ってくれます。
3月(弥生)と5月(皐月)、この子らも"春"の生まれなんですかね。
薄着で髪がアップでスレンダーな活発そうな娘と、厚着でロングヘアでグラマーな大人しそうな娘。どちらもいわゆる「ヒロインの友人」の典型像ですね。王道王道。
ところで、どっちが やよい でどっちが さつき ?

「勧誘ポスターを作ろう!」から「日本のマンガ文化を守ろう!」に脱線しまくるハル。
……この娘はひとりにしちゃいけない。このまま放っておいたら際限なく暴走を続けます。ツッコミを!早くツッコミ担当を用意して!

下校時、まさかの本当にいた「包丁の通り魔」とエンカウント。
しかし、それを持ってもいない 剣気 で追い払ってしまうハル。
こっちもリアルシャドーだコレ!
ハルならT-REXくらいは出せます、たぶん。

通り魔が逃げた先、偶然居合わせたのは例の額に傷のある少年(以下、キズ男(仮)と呼称)。
持参のナイフ(小刀?)を華麗に捌き、通り魔を撃退してしまいました。
とりあえず、今回の件でキズ男(仮)はなぜか刃物を持ち歩いている事、そして腕前もかなりのものであると判明しました。
でも、まだ名前も何も分からんのよね。引っ張るなぁ。と言った所で次回へヒキ…






と、思ったらまさかのサイドB始動。
こっちの主役は本編中でちょこちょこハルに絡んでいた少年、名前は館岡春(シュン)
苗字は「太刀」からか。彼もまた春に生まれた"ハル"のひとりです。
どうでもいいけど、この子瞳が『ラインバレル』の「ファクターの目」っぽい。別に意味はないんだろうけど。

そう言えば、この学校の名前は「四季ノ森」でしたから、登場人物は季節に絡めた名前で縛るのでしょうか?

彼は彼でハルとは対照的に女性に免疫がないわ、ハルとお近づきになろうとやる事なす事が上手くいかないわ、それなりにラブコメの主人公っぽい属性の少年です。

彼からしてみたら、入学早々美少女に出会うわ、妙に強い先輩を目撃するわ、ほっといたら学園バトル漫画が始まりそうな体験してますよね。
がんばれシュン!きっとそのうち君を狙う悪の組織とか、共に戦ってくれる相棒とか出て来るぞ!

[2011/06/12 12:40 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第33話「ベルジとメルパトラ」
さっきAmazonで注文したコーヒーメーカーが届きました。
以前使ってたのが水漏れし始めたので、レビュー見て評判良かったモノに買い替えたのですが、いやコレ凄いわ。

KC3S0015.jpg
象印 EC-CA40-BA

浄水器もミルも付いてるわコーヒーは美味しいわ、本体は小さくて軽いわ色々バラせて洗えて衛生的だわ、そしてなにより安い(4,000円)わ、まだ一回しか使ってませんがいい買い物をしたと満足しています。
あとはコーヒー豆を買って来なければ。


……閑話休題。

いつの間にやらガンガンONLINEが更新されてたので、感想文書きます。

どうでもいいけど、 
・メモ帳を持ってマンガを読む → 読みながら思った事を走り書く → ブログに打ち込みながら自力で添削していく って方法だと、すげー早く感想書けると気付きました。
そんな訳でパパッと書いてしましましょう。


●マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第33話「ベルジとメルパトラ」
続きを読む
[2011/06/11 15:43 ] | マテリアル・パズル | コメント(0) | トラックバック(0)
更新状況

結構仕事忙しかったはずなのに、
合間合間を見つけて何やってたかと言うとニコニコ大百科更新してました。

マジで何やってんだお前。

書いた記事は「陽気なアイドルが地球と踊る


レストPによるノベマス連載作品。
緊迫感漂う物語そのものの魅力もさることながら、前作「陽気なアイドルが地球を回す」をも凌ぐ伊坂幸太郎ワールドの超リミックスが特長です。ちなみに、「回す」の記事を書いたのも僕です。





前作では話の都合上出せなかった殺し屋連中が大活躍していますし、
マリアビートル」や「帽子卿」と言った伊坂作品の最新鋭も既に盛り込まれており、新参者にも嬉しい仕様になっていて至れり尽くせりの一作です。
(もっとも、こっちの帽子卿はあんな変態ではなさそうですが)

アイマス成分は非常に薄いので、伊坂幸太郎しか知らない人でも充分にオススメできると思います。
マジで続きが楽しみ。
[2011/06/11 11:49 ] | 動画 | コメント(0) | トラックバック(0)
【Iv@nhoe】愛ヴァンホー 解説編その5.5

愛ヴァンホーは、ただいま絶賛更新停滞中です。
早い所作ってしまいたいと考えてるのに、中々時間(と体力)が確保できなくて困っています。

そんな訳で解説編のみ軽く作って間を持たせようと思いました。




余談ですが、BGMの一部には友人から勧められたイギリスのバンド「slade」と「Beady eye」の曲を使っています。
今後も似合うシーンがあったら積極的に使っていきたい感じ。
 
[2011/06/08 07:41 ] | 動画 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。