スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
BAMBOO BLADE B 第29話「もっちーと元永学園剣道部」
今回はもっちー先生回です。
…っていうか、飛鈴の生徒が全然出てなくない?
いや、面白かったんでいいですけど。

●BAMBOO BLADE B 第29話「もっちーと元永学園剣道部」

レンジとマッチアップ出来る強敵を求め、元永学園を訪れたもっちー。
明らかに金持ち学校です。室江も地味に金のある学校でしたが、明らかにそれを上回っています。
故に道場も広く、部員もめちゃめちゃ多い。
アレですね、よく甲子園の中継でやってる母校紹介のVTRみたい。

実力校として名が通っているだけあって、顧問の和田先生も自信満々。
なまじ実績がある(顧問の功績なのかは疑問があるけど)だけに踏ん反り返って他人を無意識に見下してる感のある、見ていてちょっとイラっとくる先生です。
漫画だと悪役になりやすいキャラだけど、実際に結構いるんですよね、こういう人。


男子部長の羽柴くん。
いわゆる典型的な高校球児(剣道部だけど)。気真面目で暑苦しい、昔ながらのスポーツ少年です。

そして女子のエースが柳沼さん。
あんまり喋るなかったからか、今の段階ではかなりお淑やかなイメージ。
…あれ?剣道小町でまともなのって山田さんとこの人だけなんじゃね?

まぁ、顧問はちょっとアレながら熱の入った練習ぶりから、部内の士気は上場に思えます。

しかしそんな二人を尻目に、もっちーがこの剣道部で最強であると直感したのが、カメレオンを思わせる顔つきのヤンチャ坊主、小関。
普通、実力者である事を読者に伝えるには 実際に戦いぶりを見せたり、 取り巻き的な連中に「すごいすごい!」と言わせたりするものですが、今回の表現は中々に特殊です。何せ誰も小関が強いなんて言ってないですし、彼自身はただ出て来ただけですからね。でも、もっちーの心象ひとつで「実力者だ!」と分からせるのは興味深い手法です。

『BB』では性格は悪いけど実力がそこそこの外山、地力に満足できず外法に頼る小西、腕も心も鈍ってしまったが熱いものを持っていた岩堀と言う前例がいましたが、態度が悪いけど実力があるタイプはコレが初めて。
順当にいけばこの男にレンジをぶつけるべきなのですが……


ここでスケジュールがうまくいかず、練習試合に漕ぎ着けないのが面白い所。
結局、旧顧問の竹中先生や角先生、校長や笹森道場のツテを頼って相手を見つけるようです。

このパターンだと、後の公式戦とかで小関と戦うか、辻村と当たったりするんだろうなぁ。

他の教師を通して先達を見、生徒を通して過去の自分を見、新たな決意をもって顧問業へ挑む持田歩!
がんばれ!君の戦いはこれからだ!! ……って感じだなぁ、今回のヒキ。

スポンサーサイト
[2011/05/24 23:23 ] | BAMBOO BLADE B | コメント(0) | トラックバック(0)
『ハルポリッシュ』 第一話「岡本春と日本刀」

診察を受けた後の話ですが、
運動不足の解消と、自転車のメンテナンスを兼ねて
漫画喫茶言ってきました。
6時間入って1,300円。

あれ、もしかして月一くらいにこうやってまとめて読んで感想文書いた方が経済的じゃね?と思いました。

でもね、茨城の漫画喫茶って大半が大地震のせいで臨時休業中なのよね。
うちの近所の本屋も潰れちゃった(物理的に)みたいだし。
※以前「撤退した」と書いてしまいましたが、実際には復旧作業中でありました。ごめんなさい。

なので足を延ばして、ちょっと離れた漫画喫茶まで行って来ました。
自転車で片道1時間くらいかかったけど。

ってな訳で月刊チャンピオン読んで来ました。

月刊少年チャンピオン新連載
『ハルポリッシュ』
●第一話「岡本春と日本刀」


何と言うか、ただハルちゃんが素振りしてただけなのに、何か動き出してる気になってくる。まさに第一話らしい第一話でした。

主人公の少女は岡本春
この春に四季ノ森高校に入学したばかりの女子高生です。

外にハネたショートカットに、マロ眉が特徴の元気娘。
冒頭からいきなり日本刀をねだる暴挙に出る、堂々たる変人です。

そんな彼女が足を踏み入れたのは剣道部ではなく 居合道部 。
とはいえ部員は2年生の片山若菜だけ。
そのまま『BB』の第一話を彷彿とさせるシチュエーションです。

おそらく今後ハルの相棒となる片山若菜。
物静かで冷たい印象があり、長い黒髪にポニーテール、重力から解脱したかのようなリボンと、精神的にも外見的にもハルと対照的な人物です。
ちょっと見た目は『禁書目録』の神裂さんに似てるような?

しかし、「あの人」だとか「刀の魂に触れる」だとか、ちょっと過剰な物言いをする印象があるので、たぶんいずれこんな中二ゼリフ方面で暴走するようなキャラになって行くんだろうなぁ。
なにせ土塚漫画だし。

そしてラストに顔見せをした青年。
前髪に隠してはいれど、額に傷を持つ事から居合道の関係者。さらには若菜の言った「あの人」の第一候補ではありますが……
もうクール枠は埋まってるから、彼か若菜かどっちかが速攻でギャグキャラ化するんだろーなぁ、どうせ。


さて、通常の土塚ワールドでは、"常人が奇人に出会う"第一話が多かったのですが、

・『清杉』 清村、圧倒的な変人である杉小路に出会う。
・『MP』 ミカゼ、魔法使いアクアに出会う。
・『BB』 コジロー、天才タマキに出会う。

近年の作品ではだんだんと変化が見られています。

・『ゼロクロ』 天才少年ベルジ。彼に敵う者は島にいない。
・『BBB』 普通に生活したい少女ユウ。しかし環境がそれを許さない。



そして今回のハルは、主人公でありながら圧倒的な変人です。
性格的にも全然違いますが、タマキもユウも「昔からやってたから」剣を取っていた一方、
彼女の場合は「単にカッコいいから!」と初動期すら完全に異なります。
動機としては少年マンガ的かも?

女子高生・剣・がらんとした道場と、『BB』および『BBB』(これは中学生だけど)とまったく同じ情景でありながら、また違う切り口で物語が始まるのだと感じさせます。


[2011/05/24 23:06 ] | マンガ | コメント(0) | トラックバック(0)
病院行って来た

週末にちょこちょこ病院行ってきました。
なんかね、一か月に80時間以上の残業をすると、無料で産業医療センターって所で診察を受けられるんだろうですよ。
でもね、なんかそこは予約がいっぱいだって言われたので、管轄内の別の病院を勧められたのですよ。

整形外科だったんですけど。
………まぁ確かに、筋肉の疲労がひどいって話はしたんだけど、心臓や肺の調子もおかしいって言ったから、こういう症状のときは内科なんじゃないのかなぁ。とは思ったけど、指定された病院じゃないと治療費とられるから素直に言って来た。

で、別に外科的なダメージよりも精神的なものの方が大きいんじゃない?って感じらしいので、心療内科を勧められたんですよ。っでも外科の先生はどこに心療内科あるか知らないから、探そてくれってさ。…普通、有効な病院とか教えてくれるもんじゃないのだろうか。

だから自力で探しましたよ。
そして行って来ましたよ心療内科。言い方変えれば精神科ですね。

どうでもいいけど、精神科だと患者さんは番号札で呼ばれるのね(銀行の順番待ちと同じシステムだ)。患者さんの名前を呼ばないようにするためみたいだけど。
まぁ、そんなわけで今困ってる症状を精神医に話してみたら、「何それそんな病気聞いたことないんだけど」とか言われたんですが。なんだそりゃ。

でもとりあえず、筋肉の異常緊張を抑えるのに精神安定剤が効果あるみたいだから、お薬をもらいました。

たぶん、その影響で全身の凝りや痺れ、血流不足は収まって来てる気がします。
きっと効果があったんだ。


でも、なんか今日は帰って来てから部屋がガラクタだらけなのが気になって気になったので、
不要なものをガンガン捨てました。3時間ほど。疲れたので寝ます。
おかげで部屋がずいぶんとがらーんとしました。この部屋って結構広かったんだなぁ。

こんな急に徹底的な清掃を始めるなんて、何か変な気分な気もするけど…
精神安定剤の効果のかなぁ
[2011/05/24 06:08 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。