スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
下ごしらえ

仕事帰りにジャスコにて生地とか材料を色々購入。
これだけで1500円近く使ってるなんてアホみたいだけど本当の話。

材料内訳・作業工程はこんなイメージ。

1.まず服を脱がせて、カジュアル着の作成
 ピンク色コットン → シャツ長袖
 白色コットン → スカート 余裕があればステッチで柄を表現したい
 紺色フェルト → 重ね着シャツ 腰を覆うくらいまで 丈長め
靴はめんどいんで白のままでいいや

2.ローブの作成
ミト様のローブって構造どうなってんだ っていうかどうやって着たり脱いだりしてるんだ
 薄水色コットン → ローブのメイン材料 本当は薄緑がかった白なんだけど仕方ないね
 くるみボタン → ローブの肩部分についてるアクセの再現。本当は緑色だけど、木目調のコレが辛うじてイメージに近かった。これに色を合わせた茶色のリボンで飾りをつけるつもり。

 臙脂色絣 → 下半身を覆う部分の材料 良い色が見つからなかったので和素材を使用
コットン、フェルトとうまくマッチしてくれればいいけど、違和感が出るかもしれないので正直賭け

ぬいぐるみの頭はめっさでかいのでフードを被せるのはムリ。かぶれないけど服についてる感じで作ろう。
偶然にも元のぬいぐるみが着てるジャケットがフード付きなので、これは型に使えそう。

 どうしても着脱できるようにしたいから、ローブは首・腰・足の三か所をボタン留めして開ける構造に。
 水色部分(上半身~足元)をまず作って、袖部分から垂れるマントみたいなイメージで臙脂部分を作ってかぶせればうまくいくだろうか?

3.髪と顔
 髪型を先に作ってしまうと服着せるジャマになりかねないので最後に回す。
 元の頭髪につけられそうな生地がみつからなかったので、散髪でミト様の髪型を再現しようと思う。
 外ハネを削って両モミアゲを細長く、切り余りを整えて頭頂の長短アホ毛をのせる。
 顔は別にいじらなくていいや。
 額と喉のイレズミはPCで書いてシールに印刷、貼り付けるつもり。


さーてどのくらいかかるかな? 多分ローブが一番大変だろうな
スポンサーサイト
[2010/02/05 00:00 ] | ぬいぐるみ | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。