スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
人造人間キカイダー THE NOVEL

友人な連れられ、『風立ちぬ』観て来ました。
決して悪い映画じゃなかったけど、ちょいちょいツッコミ所があるのも確か。
全体的に悪く言えばベタで古臭い、よく言えば定番で外さない演出が目立ちました。
…途中のドイツ人とか、一体何のためのキャラだったんだろう?
あと、コレっていわゆる人生の走馬灯と思っていいんですよね?
ああ、あんなことあったな。あの時は楽しかったな、と思い出してる話かと思ってました。


さて読みました、小説版『人造人間キカイダー 』。
なぜ今になってキカイダー?って思いましたが、2014年に映画化するんだとか。
この前『サイボーグ009』も映画やりましたし、リメイクヒーローの流れはまだまだ止まらないようです。
特にキカイダーは「機械」、009は「戦争」と、時代によって扱いが大きく変わっていくものがテーマですので、
また10年くらい経ったら再リメイクされるかも知れません。


人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)
(2013/07/25)
松岡 圭祐

商品詳細を見る


舞台は現代2013年。
パソコンやインターネットの隆盛する現代だからこそ、
機械のヒーローである利点、必然性が上がっているようでした。
自分としては2001年頃のアニメ版キカイダーや、漫画のキカイダー02、S.I.C.のフィギュアシリーズの思い出が強いですが、あの時は「ヒーローを大人の鑑賞に耐えうるものにする」目的だったのか、
過剰にダークな話にする傾向がありましたが、今回はもうちょっとエンタメ寄りです。

ミツコさんは乙女ゲーやるわ、プリキュアのコスプレするわのオタクキャラだし、
ジローもちょっと天然ボケ成分入ってます。
最初は「どーせこんなの読むのはオタク野郎だから、あいつらの好きそうなの入れとけ!」な
ノリかと思ってムッとしましたが、「機械と会話する」感覚を分かりやすくするための
設定だったんですね。

映画にするにしても、このままじゃないだろうなぁ。
色々地味なので、映画は映画で別物になりそうな気がします。
スポンサーサイト
[2013/09/22 12:30 ] | 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)
不思議の街の秋葉原

3週間ぐらいぶりに予定のない休日だったよ。
今月頭から働きづめで、せっかくの1日休暇もコミケでさらに疲れてたから、たぶん過去最高に疲れが溜まりまくってる状態だと思うよ。
そりゃ仕事中にゲロ吐くし、汗疹が悪化して病院行ったりするよね。


なんとなく秋葉原行って、マンガとか買って来ました。



怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(1) 公妃の宝冠 (ヒーローズコミックス)怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(1) 公妃の宝冠 (ヒーローズコミックス)
(2013/08/05)
森田 崇

商品詳細を見る


イブニングで打ち切られ、月刊HEROSに移籍した『アバンチュリエ』の仕切り直し巻。
秋葉原以外の本屋で見たことがないんだけど、他の所で本当に売っているんだろうか?

ぶっちゃけ僕はルパンの原作をまったく知らないので、純粋に新しい話のように読んでいます。
きっと原作知ってる人には改編箇所とか分かるようになってるんだろうなぁ。

まぁ、「バカモーン!そいつがルパンだ!!」が
漫画オリジナル(と言っていいのか微妙だけど)なのは素人目にわかります。
よっぽどやりたかったんだろうなぁ、このネタ。



水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (1) (カドカワコミックス・エース)水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (1) (カドカワコミックス・エース)
(2013/08/22)
吉原 雅彦

商品詳細を見る


まさか本当に書籍化してるとは思わなかった!
ニコニコ動画で『クトゥルフ神話TRPG』ブームの一端を担ったシリーズ(現在は削除済み)が、
どういう訳かのコミック化。
実際の動画では東方キャラをはじめ『孤独のグルメ』に『DEATH NOTE』、『MONSTER』『BLACK LAGOON』と版権キャラをざくざく使ってるんだけど、それは流石にマズイので「とてもよく似た別人(名前も含め)」になっています。
やる夫って、人間化するとこんな感じになるのね。

1巻の時点では、ほぼ動画のとおり(細かいギャグも)描かれていますが、
おそらく漫画ならではのアレンジが入って来ると思いますので、続刊に期待したいです。
中国マフィアの親分役の彼女とか、この世界ではあっさり死んじゃったママとか、どんな人間にされている事やら。

少なくともマンガでは「TRPGをしている」訳ではないので、
最終編の「現実はどこだ」は成り立たないはず。また違った落とし所になると思いますが…

[2013/08/21 18:32 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
とりあえず生存報告
毎週頑張ってニコニコ動画に『小説 K@men Rider』投稿してます。
おかげでブログとかツイッターとかが疎かになってますね。

手が回ってないだけで、ちゃんと生きてますよー、
と記録を兼ねて報告とします。


最近読んだのは、『メタルギア』の小島監督がお気に入りの物語をまとめた
僕の愛したMEMEたち』。


僕が愛したMEME(ミーム)たち いま必要なのは、人にエネルギーを与える物語(ミーム) (ダ・ヴィンチブックス)僕が愛したMEME(ミーム)たち いま必要なのは、人にエネルギーを与える物語(ミーム) (ダ・ヴィンチブックス)
(2013/02/28)
小島秀夫

商品詳細を見る


っつーか、小島監督って毎回「最後のメタルギアです!」宣言してるのね。

小説でも映画でも漫画でもゲームでもいい、人生に必要なのは物語
という主張は僕が密かに思ってことと重なったので、興味深く読めました。

その中でオススメされていた
シブミ』を読み途中です。
アメリカ人から見た日本観がメインになっていて、
その分析がすごく正確だとか。
一体どんな話なのか楽しみです。


シブミ〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)シブミ〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
(2011/03/10)
トレヴェニアン

商品詳細を見る


[2013/07/11 17:47 ] | 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)
小説 仮面ライダー響鬼

久々の休日だ!本屋だ!
なんか興味のあるモン読むぞ!
…と思って、咄嗟に目に入ったのがコレ。


小説 仮面ライダー響鬼 (講談社キャラクター文庫)小説 仮面ライダー響鬼 (講談社キャラクター文庫)
(2013/05/23)
きだ つよし

商品詳細を見る


他に一緒に買ったのが『アルティメッツ』に『ジャスティスリーグ』、
あと『ニンジャスレイヤー』って、どういう組み合わせだ。
アメコミ、アメコミ、アメリカ小説という、
なんだこのバタ臭さ全開なラインナップ。


さて小説の響鬼。
まさかの全編江戸時代です。
少しは現代とリンクしたりするかと思ったけど、
一切なかったよ!それでいいんだけどさ!

劇場版(戦国時代)とも色々違うみたいなので、
ディケイド的なパラレルワールドの話と解釈すると自然かも。
でも個人的にはこの小説の歴史の方が好みです。

以下、歴史が違うっぽい部分を過剰書き。
一応ネタバレ注意?

・小説ヒビキは20代前半、イブキは10代半ばと若い。
戦国時代から名前を受け継いだのかな?と思ったけど、
太鼓の鬼が小説ヒビキから始まった設定なので違うみたい。

・鬼の鎧と、ディスクアニマルを作ったのが、あの人。
式神誕生がひとつの見せ場になっているので、
これも戦国時代にはなかった設定なんだろうなあ。

・鬼は吉野から基本的に出ない。
劇場だと派手に全国に散らばってたけど、普通に考えて
そんなにしたら統制できるはずないもんなあ。
まぁ、たぶん小説でもこのイブキたちが幕府に取り入るかして
全国展開する流れだと思う。

小説として最大の見せ場は、やはり変身忍者 嵐と響鬼のコラボレーション。
正直、嵐は見た事がないんだけど、小説内で詳しく解説してくれるので問題なし。
もしかしたら、嵐知ってるとニヤリとできるネタがあるのかもだけど、
全然わかりませんでした。


全編通して、シンプルながら盛り上がり所も多い
よくできた特撮シナリオといった印象。
出来のいい部類のノベライズだと思いました。


[2013/06/01 16:24 ] | 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)
弱音を吐こう

自転車通勤に切り替えたせいか、ダイエット目的のためか、はたまた暑くなった影響か、
ともかく体力が底を突いているのです。

毎週金曜日の動画投稿とか自分に課しているけど、今回はまったく出来てないぜヒャッハー
そして頑張って作ったとしても全然再生もコメントも伸びたりしないので、

もっと反応が欲しいよー、注目されたいよー、という浅ましい気持ちがずんずん現れてしまいます。

ああ、どうやったらもっと人気が出るんだろう?
ああ、どうやったらもっと疲れたりしない体力が身に付くんだろう?

ああ、なんにせよもっと時間が欲しい。
[2013/05/15 06:00 ] | その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。